スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平岡篤頼文庫 第七回講演会

演題 「パリ・レヴューと早稲田文学」

  青山南 × 根本昌夫  対談
  日時 : 2016年8月21日(日) 午後2時
  場所 : 平岡篤頼文庫(軽井沢町追分)
  HP: http://www.hiraokatokuyoshi.com/
  入場料無料 【要予約】

ご予約方法
参加者ご氏名・ご住所・ご連絡先電話番号をお書き添えの上、
メールまたはFAXにてお申し込みください。
e-mail : bunkohiraoka@mild.ocn.ne.jp
Fax 03-5702-5981

ご予約締切 8月19日(金)17:00
お問い合わせ用電話 03-3781-7608
当日のお問い合わせ 0267-45-1907



青山 南
1949年、福島県生まれ。翻訳家・エッセイスト。
早稲田大学文化構想学部教授。
著書に『短編小説のアメリカ52講』(平凡社)、
『英語になったニッポン小説』(集英社)など多数。
訳書に『オン・ザ・ロード』(河出書房新社)、『パリ・レヴュー・インタヴューⅠ 
作家はどうやって小説を書くのか、じっくり聞いてみよう!』
『パリ・レヴュー・インタヴューⅡ 
作家はどうやって小説を書くのか、たっぷり聞いてみよう!』
(岩波書店)など多数。



根本昌夫
早稲田大学卒業後『海燕』編集長、『野生時代』編集長を歴任。
小川洋子、角田光代、よしもとばななをデビュ-させるなど新人発掘に定評があり、
現在、大学及びカルチャーセンター等で小説教室の講座を担当。
当初より当文庫講演会の企画を手がけられています。
スポンサーサイト

講演会のお知らせ



演題 『日々の治療で分かったこと
   ~鍼灸は気の交流であり 養生の場である~』

進藤仁士(鍼灸師)

◎日時:2016年7月1日(金) 午前10時~正午12時

◎場所:針灸元気アシスト会議室
   (京浜急行「井土ヶ谷」下車徒歩2分)
    HP: http://genki-assist.jimdo.com/

◎入場無料【要予約/先着25名様】

◎予約方法:電話にて予約ください。
  045-716-4600(針灸元気アシスト)

「針灸元気アシスト」は今年で25周年。その記念行事の企画です。
月曜日金曜日の担当鍼灸師として23年間ご縁をいただいています。
日々の治療を通して分かったことを話してみたいと思います。
ブログを読んで興味をもたれた方も歓迎です。
ぜひ井土ヶ谷まで足をお運びください。

平岡篤頼文庫 第六回講演会

演題 「新人を発掘するということ
      - 名編集者としての平岡篤頼とその後輩たち -」

  武藤旬 (『文學界』編集長) × 根本昌夫  対談

  日時 : 2015年8月9日(日) 午後2時 

  場所 : 平岡篤頼文庫 (軽井沢町追分)
   HP:http://www.hiraokatokuyoshi.com/

  入場料無料 【要予約】

ご予約方法
参加者ご氏名・ご住所・ご連絡先電話番号をお書き添えの上、
メールまたはFAXにてお申し込みください。

e-mail : bunkohiraoka@mild.ocn.ne.jp
Fax 03-5702-5981

ご予約締切 8月7日(金)17:00
お問い合わせ用電話 03-3781-7608
当日のお問い合わせ 0267-45-1907


武藤旬(むとう じゅん)
早稲田大学卒業後、文藝春秋入社。
現在『文學界』名編集長として刺激的な企画を次々と手がけられ、最近は又吉直樹(「火花」)を『文學界』誌上でデビューさせ、マスコミを賑わせています。


根本昌夫
早稲田大学卒業後『海燕』編集長、『野生時代』編集長を歴任。
小川洋子、角田光代、よしもとばななをデビュ-させるなど新人発掘に定評があり、現在、大学及びカルチャーセンター等で小説教室の講座を担当。当初より当文庫講演会の企画を手がけられています。

※注記:このお知らせは、主催者の平岡不二子氏の許可を得て掲載しております。

平岡篤頼文庫 第五回講演会

講演:「霙の文学」(みぞれのぶんがく)

講師 堀江敏幸 (小説家・早稲田大学文学学術院教授・芥川賞選考委員)  
司会 根本昌夫

日時 : 2014年8月16日(土) 午後2時 
場所 : 平岡篤頼文庫(軽井沢町追分)
入場料無料 【要予約】

 撮影 森清

堀江敏幸(ほりえ としゆき)
小説家。フランス文学者。早稲田大学文学学術院教授。芥川賞選考委員。
1964年、岐阜県多治見市生まれ。早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業。東京大学大学院人文科学研究科フランス文学専攻博士課程単位取得退学。その間にパリ第3大学博士課程留学。
1994年より、フランス留学経験を随筆風に綴った『郊外へ』を雑誌「ふらんす」に連載。1995年に単行本化され、小説家デビューを果たす。
2001年『熊の敷石』で芥川賞、2003年「スタンス・ドット」で川端康成文学賞、2004年同作収録の『雪沼とその周辺』で谷崎純一郎賞、木山捷平文学賞、2006年『河岸忘日抄』、2010年『正弦曲線』で読売文学賞を受賞。
2004年より明治大学理工学部教授、2007年に早稲田大学文学学術院教授に就任。2009年に早稲田大学短歌会会長に就任。

〒389-0115
長野県北佐久郡軽井沢町追分5675
平岡篤頼文庫 HP:http://www.hiraokatokuyoshi.com/index.html

【要予約・お問い合わせ先】
e-mail : bunkohiraoka@mild.ocn.ne.jp
Fax : 03-5702-5981


※注記:このお知らせは、主催者の平岡不二子氏の許可を得て掲載しております。

平岡篤頼文庫 第四回講演会

対談 黒田夏子×市川真人

      「夏 の こ と ば」
       【司会】根本昌夫

  日時 : 2013年8月24日(土) 午後2時 
  場所 : 平岡篤頼文庫(軽井沢町追分)
  入場料無料 【要予約】
  後援 : 早稲田大学文学学術院


黒田夏子(くろだ なつこ)
1937年東京生まれ。早稲田大学教育学部国語国文学科卒。小説家。5歳の頃から散文を書き始め、大学卒業後も教員・事務員・校正者などとして働きつつ作品を執筆。2012年9月、文芸誌「早稲田文学」に応募した「abさんご」で同新人賞を、また2013年1月に同作で第148回芥川龍之介賞を受賞。


市川真人(いちかわ まこと)
1971年東京生まれ。早稲田大学第一文学部文芸専修卒。文芸批評家・早稲田大学文学学術院准教授、TBS系情報番組「王様のブランチ」ブックコメンテーター等。著書に『芥川賞はなぜ村上春樹に与えられなかったか』ほか。

〒389-0115
長野県北佐久郡軽井沢町追分5675
平岡篤頼文庫 HP:http://www.hiraokatokuyoshi.com/index.html

【要予約・お問い合わせ先】
e-mail : bunkohiraoka@mild.ocn.ne.jp
Fax : 03-5702-5981
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。