第76話:世阿弥に学ぶ(その2)

「時分の花」と修業のありかた-----

◆修業時代の「若さ」
鍼灸師の資格をとって2~3年のころでしょうか、治療した患者さんの喜ぶ顔に、ある程度の手ごたえを自分なりに感じるようになりました。ふとそこで「鍼灸」をわかったような気になるものです。すると師匠からは「自分の技量に合わせた患者さんを治療しているだけのこと、そこを勘違いして天狗になるな。」としっかり釘を刺されます。習いたての頃はとにかく「若さ」が武器であり、勢いと気概(根拠のない自信)だけが自分の味方。ところが、やがて難しい患者さんと遭遇して壁にあたることで、実はその「自信」は「慢心」と紙一重であったことに、否が応でも気づかされるのです。

ひとつの技術を習得していく過程で、「若さ」と「実力」をはき違えることは、伝統医療としての鍼灸の世界に限らず、たとえば「能」という芸道の世界でも取り上げています。世阿弥の『風姿花伝』を紐解いてみると、一時の(表面的な)輝きを「時分の花」と呼んでいました。

◆「時分の花」
世阿弥は、能における美を「花」という言葉で象徴的に表現します。能は身体を用いて「花」を表現する芸術。稽古を重ねていくことで、壮年になって到達できる理想の花を「まことの花」と呼びます。

『風姿花伝』では、成長とともに変化していく「年々去来の花」について説き、たとえば少年期であれば、清新溌剌(はつらつ)とした外見上の美しさがあって、何をどのように演じても「花」があると称賛されます。それを「時分の花」と呼ぶのです。

この「時分の花」は実力的には未熟にもかかわらず、そういう未熟さを隠してしまうほどの魅力に溢れています。しかしそれは時が過ぎれば消え失せてしまう儚い「花」であり、「まことの花」とは違うもの。それが分からないで、自分がもう一人前になったと勘違いしてしまえば、そこで芸の行き止まりになる、と世阿弥は諭しています。



◆「花は心、種は態(わざ)」
世阿弥は、少年の自然の美しさを「時分の花」と呼び、それが失われたのちに恢復(かいふく)される壮年の本質的な美を「まことの花」と呼んでいることになります。そして、このふたつの「花」にはさまれた空隙こそが、修業の期間ということにもなります。

能は「わざ(=演技)」という身体表現を用いて「花」という「心」を表現する芸術です。稽古で「わざ」を重ねることは「花」が咲くように「種」を蒔くようなもの。つまり世阿弥が説く「花は心、種は態(わざ)」とはそうした意味になります。

◆基本稽古の大切さ
注目すべきは、世阿弥が稽古について「時分の花」の頃であれば、謡うこと、舞うこと、という二つの面を中心にするべきで、物まね(役に扮する演戯)をさせるべきではないと力説しています。つまり、ひたすら基礎の技術、すべて形(身体)を使った基本稽古が大切というわけです。

鍼灸の修業時代をこれに照らしてみると、ツボを探すこと、鍼をうつこと、お灸をすえることなど、ひたすら基礎の技術を磨くことが大切なことは経験上実感しているところ。特に患者さんの身体に触って、体表の変化やツボの所在をつかむ触診技術を磨いてゆくことがとても重要です。頭に入れた治療理論は、患者さんの身体を触診するなかで検証して初めて自分のものになってゆくものです。考える「頭」も大事だけど、確かめる「手」はもっと大事ということ。したがって、世阿弥が「花(心)」を希求するアプローチとしては、すべて「形」(身体を使う稽古)から入って「心」へ向かう、という指摘はとても大事なポイントなのです。

このように、鍼灸という伝統医療における修業の観点からみても、世阿弥の教えは示唆的で、とても参考にすべき事柄が多いのです。(つづく)

※『日本の名著:世阿弥』中央公論社(昭和44年)
※世阿弥著『風姿花伝』野上豊一郎/西尾実校訂・岩波文庫(1958年)
※林望著『すらすら読める風姿花伝』講談社(2003年)
スポンサーサイト

第75話:世阿弥に学ぶ(その1)



「初心忘るべからず」-----

◆現代に生きる世阿弥の言葉
世阿弥(1363~1443)が遺した能楽の芸術論『風姿花伝』を代表とするいくつかの書は、本来一子相伝にして門外不出でした。故に「万人の書」として一般の人がようやく自由に読めるようになったのは、昭和2年秋、岩波文庫『風姿花伝』が刊行されてからのこと。古典といえば古くから読み継がれたものと思うだけに、ふとそんな事情を知れば、いま世阿弥の書にふれることは、現代人にとってはそれこそ「特典」のようにも感じられます。

「初心忘るべからず」「秘すれば花」「花は心、種は態(わざ)」など、能を学ぶひとでなくとも、世阿弥の遺した言葉が現代にまで生き生きと普遍的に響いてくるのは、単に能楽の技術論を述べたものではなく、常に「心構え(精神)」を語っているからです。演戯するうえで「心」の問題を重視しているところが、世阿弥の説く芸術論・習道論としての最大の特長になっています。それはまた、職人を自認し「論と術」にこだわる鍼灸師からみても、世阿弥が遺した数々の言葉には大いに耳を傾けるものがあります。

◆「初心忘るべからず」の本来の意味
この有名な成句は世阿弥の『花鏡』にあります。通常は「初心の真摯な志や情熱を忘れるな」という道徳的な教訓として扱われていますが、実は世阿弥が説く内容はそれとは違います。「初心(の芸を)忘るべからず」とあり、むしろ「初心の芸がいかに醜悪であったか、その古い記憶を現在の美を維持するために肝に銘ぜよ」という忠告の意味となります。 
世阿弥はことわざ「前々の非を知るを、後々の是とする」を引用して、昔の欠点を知ることが、将来のための利点になると説いているのです。

個人的な経験からいえば、鍼灸師の資格を取ったばかりのころは、随分と荒っぽい治療だったと今だからこそ反省しています。もし可能であれば、当時の患者さんにもう一度治療をして、今の技量で以てあがないたいと思うものです。わたしにとってはまさにそのことが「初心(の治療)忘るべからず」ということになります。

◆「時々の初心」
ここで特筆すべきは、世阿弥の説く「初心」とは初心者の段階に限らないこと。それを「時々の初心」「老後の初心」と呼んでいます。現在の芸の水準を維持・向上させるには、世阿弥は美しい未来の夢よりも過去の醜悪な姿を思い出させることの方が大切と説きます。そしてその時々の段階で過去を振り返る「時々の初心」、さらに老年になればそこでも「老後の初心」として、常に過去を振り返りつつ芸の精進をはかるという、それこそどこまでも真摯な姿勢を貫きます。したがって、初心の芸を忘れまいと工夫するのは、とりもなおさず、現在の芸境を見失わないためにすると説いています。

これまで永年治療したなかで、治療がうまくいった経験よりも、うまくいかなかった経験の方が、圧倒的に脳裏に残っているものです。わたしの技量不足で残念ながらご縁を失ってしまった患者さんのことは結構忘れないものです。治療家にとってそうした「心の檻」のようなものが、世阿弥がいう「時々の初心」にあたるものだと思っているところです。    (つづく)

※『日本の名著:世阿弥』中央公論社(昭和44年)
山崎正和(劇作家)と観世寿夫(能役者)による現代語訳と解説。
※世阿弥著『風姿花伝』岩波文庫(1958年)
明治42年吉田東伍博士が学会で紹介されるまでは秘蔵の書であり、以後昭和2年岩波文庫『風姿花伝』刊行までは、読者が一部の研究家に限られていた。

第74話:「お灸」の力を教えてくれた人

◆お灸をしてほしい
6年前のこと、昭和一桁生まれのAさん(男性)が「すべてお灸で治療してほしい」といって来院されました。すでに2軒の治療院(鍼灸整骨院)を廻ってみたそうですが、いずれも「お灸だけの治療はできない」と無碍に断られたとのこと。というのもAさんがいう「お灸」とは、昔ながらの「透熱灸」のこと。お灸のなかでも手間ひまがかかるので、「透熱灸」を扱う治療院は昔と比べると少なくなっている事情もその背景にあります。そこでわたしは「よろこんで治療させていただきます」と応えると、Aさんはほっとした表情をされたのを今でもよく覚えています。

◆お灸にこだわる理由
Aさんは胃がんの手術をして退院したばかり。抗がん剤を服用しながらもなんとか体力は維持したい、と治療の目的を話されます。永いこと独り暮らしらしく、食事に気をつけているとはいえ、ときおりの「ダンピング症候群」(胃を切ったことによる食後の嘔吐、動悸、腹痛などの症状)に悩まされていました。

そんなAさんが「お灸」にどうしてもこだわりたい理由は、子どものころの経験にありました。親が心配するほどの虚弱児だったのが、近所のお灸の先生に治療してもらってから、すっかり丈夫な身体になったとか。あのときにお灸をしてもらったから今の自分があると断言されるほど、とにかくAさんはお灸には絶大なる信頼を寄せていました。

◆取穴
さっそくわたしが治療に選んだツボは「腎」と「胃」に関係するツボでした。「腎」は生まれながらの元気の源である場所。それと「胃」に関しては、胃を切ったとしても(東洋医学における)「胃の機能系」がなくなることはなく、むしろ治療すべきといわんばかりに「胃経」のツボにしっかり反応が出ています。そうしたツボひとつひとつに丁寧にお灸を据えました。そうした治療を週に2回、数か月は続けたと記憶しています。

◆お灸の効果
治療すると身体が軽くなる、それとお腹が痛いときにお灸してもらうとお腹がほんとに楽になる、とAさんはいいます。それとお灸しながらの会話でずいぶん気持ちも落ち着くようです。わたしが話すというより、Aさんから話をひきだしてじっくり聴きます。ふるさとに自分の墓をすでに用意したので覚悟はできている、といいながら「死ぬのはこわい」と正直に吐露されたこともありました。担当医からすでに「余命6カ月」と宣告されていたAさんは、その6カ月がすでに過ぎてからもお灸の治療は続けていました。「こうやって生き延びているのはお灸のおかげ」とまでいい切ります。

こうしてお灸治療が、がん患者さんのQOL(いのちの質)を向上できることを、Aさんは身を以て証明してくれました。ところが、次第に肝臓への転移が広まってくると、小康状態が維持できなくなるのもまさに現実でした。ついに自宅療養の限界がきてしまい、Aさんは再入院と同時に二度と来院することはありませんでした。

こうしてAさんとは限られたご縁であったとはいえ、お灸のもっている「力」を、Aさんの治療を通してわたしはAさんから直接教わったと今でも確信しています。

「新しき世は 新しき一生」

今年もよろしくお願い申し上げます

同い年の友人から届いた年賀状に「暦も一周し新しい一生が始まります」と書かれていました。若いときは還暦(=紅いちゃんちゃんこ)を迎えることなど想像すらしたくなかったのですが、なるほどこれを機に「新しき一生」と考えてみるのもよいかなと思っています。

今年も「安神堂の慎思録」こつこつ綴っていきます。東洋医学には一見関係なさそうな内容でも、わたしの頭のなかではなんとなく繋がっています。読書や経験で知り得た個々の知識や情報が、あるとき急に繋がって自分なりの小さな発見となると、むずむずして思わず文章に残したくなります。かといって自分で考えたものなどほとんどなく、すべては先人が遺した智慧の繋がりです。

知識や情報が繋がってゆく発見の楽しみは、人と人の縁が拡がってゆく楽しみに似ています。東洋医学を勉学中の方や東洋医学に興味をお持ちの方に少しでもお役に立ち、新たな繋がりが生まれればと願っています。