第106話:「走ることについて」



◆ランナーズハイ
自宅から中原街道・桜田通りのルートを使って皇居の桜田門(12キロ)まで走り、そのまま皇居の周回コース(5キロ)を左回りに走ります。ちょうど終盤の半蔵門(上の写真)から桜田門へ向かう辺りになると、苦しい時間帯のはずなのに足取りはとても軽く、左手の緑の急斜面から深いお堀へと吸い込まれそうな気分になってきます。一瞬「このまま転げ落ちてもいい」と思うほどの「心地よさ」を感じてしまいます。これが当に「ランナーズハイ」。有酸素運動を繰り返すことで脳内の麻薬用物質であるβエンドルフィンが分泌されて、心身共に高揚する状態といわれています。人はなぜ走るのか、たぶん、こうした「ランナーズハイ」の「心地よさ」を味わえることが、その大きな要因であると考えています。

◆「心地よく走る」経験則
ジョギングは30代から続けてきた唯一のスポーツ。シティーランナーらしく「心地よく走る」ことにこだわってきました。ジョギングはきわめて個人的なスポーツ。だから何を語ろうがそれは汎用性のない内容になりがちです。あくまでも自分の身体を実際に動かすことによって、個人的に学んで得た「心地よく走る」経験則みたいなものですが、あえて紹介してみます。

走るときの「心地よさ」は、有酸素運動の中でひたすら「身体」と向き合うことよって生じてきます。「身体」と「精神(こころ)」のバランスを考察してみれば、明らかに身体性がより優位に働くほど、変性意識ともいえるランナーズハイが確実に訪れてきます。もし日常の些事の悩みや心配事があれば、とりあえず留保して考えることを止めます。つまり何も考えることなく、ただひたすら走ること―それが「身体と向き合う」ことであり「身体性をより優位にする」ことなのです。

それともうひとつの「心地よさ」があります。それはアイデアがふっと降りてくること。治療上のヒントなどが走っているときにふと浮かんだりします。無理に自分から考えることをしないかわり、直感的に思い浮かんだことだけを拾って考えることにしています。たぶんそれは無意識からの贈り物であり、やはり「身体性をより優位にする」ことで無意識との回路がオンになるからでしょう。それがうまくはたらいているひとときが創造的な「至福の時間」といえます。

ここで留意すべきは、肉体的な痛みとか苦しさの対処法。もし足が痛いとか膝が痛くなれば、ペースを落とすか走る距離を短縮するかで調整します。そうすることで、常に痛みや苦しみはオプショナルなもの(こちら次第)にしておくことが「心地よく走る」ためにとても大切なことだと考えています。ちなみに、この「オプショナルなもの」という表現は村上春樹がつかっていたもので、とても気にいっています。

◆「走ること」は「瞑想すること」
こうして「走る」という行為は「身体」と「精神」に関わるという意味では、ちょっと大げさな言い方かもしれませんが、まるで宗教的な「行(ぎょう)」に似ています。というのも、宗教学者が説いた「瞑想の基本型」について述べた次の行(くだり)が目に留まったときに、ふと「走ること」と「瞑想すること」にはどことなく共通性があると気づいたのです。

「瞑想というのは精神から身体へ深まっていくものであります。決して精神に対立する身体ではなくて、精神の表面的作用が次第に消えていって、遂には、精神そのものを包みこんでしまうような深い身体へきわまっていくのであります。」(玉城康四郎)

「瞑想」を「走ること」に置き換えても、意味は十分通ることがわかります。たとえば「走る」という単純な身体運動をひたすら繰り返し、または意識を呼吸に集中することで、すべて自分の「身体」に向き合うようにします。すると日常の些事から生じた諸々の感情は次第に遠ざかってゆく―それが「精神の表面的作用が次第に消えていって」という意味と重なります。さらに身体性が深まることで無意識レベルに生じる感情が抑制され、ランナーズハイのような変性意識が生じて高揚し、ときに創造的世界へと拡がることも可能です―それが「精神そのものを包みこんでしまうような深い身体へきわまっていく」という意味と共通するのです。

「走ること」の利点には「仲間や相手を必要としない」「特別な道具や装備も不要」「特別な場所まで足を運ばなくてもいい」などたくさんあって、それらに総じていえることは、きわめて個人的営みを大切にしているスポーツだということです。したがって走る楽しみ方も人の数だけあってもよいということ。わたしはといえば、こんなふうに瞑想する気持ちでいつも走れたらいいなと思っているところです。

※村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』文春文庫(10年)
「走っているときに頭に浮かぶ考えは、空の雲に似ている」というフレーズが印象的。
※玉城康四郎『瞑想と経験』春秋社(73年)
玉城康四郎(1915~1999)。仏教学者であるまえに、日々行者であろうとする姿勢に敬服。
※湯浅泰雄『気・修行・身体』平河出版社(86年)
坐禅のように坐る瞑想が「常坐三昧」で、ひたすら行(ある)く瞑想が「常行三昧」。
「常行三昧」で有名なのが比叡山での「千日回峯行」。走る瞑想があるとすればこの「常行三昧」に近いといえる。
スポンサーサイト

第105話:「黒胡麻ニンニク健康法」



◆備忘録から
古い備忘録ノートを整理していると、忘れかけていた「黒胡麻ニンニク」のレシピをみつけました。日付をみると8年前になります。来院された84歳の御婦人Aさんから教わって書き留めたものです。腰痛で来院されたAさんは大正10年東京深川生まれ、どこか女優の岡田嘉子に似て、背筋がしゃんとしているのでとうてい84歳にはみえないほどでした。聴けば、それまで病気らしい病気ひとつしたことがないとおっしゃいます。その健康の秘訣はなんでしょうかと伺うと、ほぼ20年間毎日飲み続けている自家製の「黒胡麻ニンニク」にあると教えていただいたのです。そこで今回は「黒胡麻ニンニク」の作り方を紹介してみます。

◆「黒胡麻ニンニク」の作り方
【材 料】:黒胡麻を1合、ニンニクを親指大にしたもの10個、ハチミツを1合。
      黒胡麻は「洗い胡麻」ではなく「炒り胡麻」。ニンニクは国産品を使う。
【作り方】:黒胡麻をフライパン(orほうろく)で炒る。
      1合を数回にわけて油が出るまでていねいに炒る。
      炒った黒胡麻をすり鉢でよくする。
      すり胡麻を容器に移し替え、すったニンニクとハチミツをよく混ぜる。
      1か月寝かせれば出来上がり。
【飲み方】:毎日ひと匙飲む。ニンニク臭があるので寝る前に飲む。疲れたときにこれを
      飲むと疲れがとれる。永く飲み続けるほど風邪をひかなくなる。

◆「黒胡麻ニンニク」の効用
黒胡麻とニンニクは健康補助食品の材料として定番ともいえるものですが、いまいちどその効用を整理してみます。
「胡麻」といえば抗酸化物質「ゴマグリナン」の一種「セサミン」が含まれており、活性酸素を除去することで老化防止やガンの予防にもなるとされています。また、「ゴマグリナン」は食物繊維の仲間で女性ホルモンの「エストロゲン」と似たようなはたらきをするので、更年期女性のホルモンバランスを調える作用もあります。
「ニンニク(大蒜)」はビタミンB類が豊富で筋肉疲労を改善し、また胃腸のはたらきを助け、薬味として使われるように抗菌作用にも優れています。

これらを「薬膳学」から考察してみれば、「胡麻」は老化に関わる「腎」に、「ニンニク」は胃腸に関わる「脾」にはたらくと分析できます。つまり「黒胡麻ニンニク」は「腎(=先天の気)」と「脾(=後天の気)」の両方の「元気」にはたらくわけですから、養生を目的とする「保健薬膳」としても当に理想の組み合わせです。

◆健康法には時機がある
今回のことで思ったのですが、健康法との出会いには時機(タイミング)があるようです。つまり、健康法と出会う際には、そこで芽生え始めている健康に対する「意識」がそれとかみ合っているかとか、その健康法を必要としている「予感」がそこにあるかなど、当に時機が熟していることが必要条件のような気がします。となれば、漫然と選択するのではなくて、主動的に選択してこそ健康法は自分のものになっていくのです。

というのも、8年前はこの「黒胡麻ニンニク」を作って毎日飲んでみたものの、結局1か月も続かなかったのです。そのころは特にどこが悪いということもなく、当然健康に対する「意識」は希薄でした。それなりに健康であるゆえに時機は熟してなかったということです。

それが8年たってみると、人並みに「加齢」を意識するように身体の衰えを実感するようになってきました。「黒胡麻」で「補腎(腎の機能を補う)」して、「ニンニク」で「健脾(脾胃の機能を健やかに)」する必要性をようやく身体が実感するようになってきました。
古い備忘録ノートから、忘れかけていた「黒胡麻ニンニク」のレシピが目に留まったこと自体、なにか意味がありそうです。Aさんとの御縁から教えていただいた「健康法」がようやく日の目を見るのに8年かかったことになりますが、むしろこの時機を大切にして、さっそく「黒胡麻ニンニク健康法」を始めたいと思っています。

第104話:シュタイナーとオカルト



◆シュタイナーの世界
気になる存在であるにもかかわらず、なかなか正体がつかみにくい人物として、ルドルフ・シュタイナー(1861~1925)がいます。シュタイナーは旧オーストリア帝国のクラリエヴェク(現在のクロアチア)出身の神秘思想家で、ドイツのワイマールやベルリンで活躍し、人智学(アントロポゾフィー)を創始した人物です。しかも驚くほどに多種多様な活動―教育、医学、農業、政治、キリスト者共同体、オイリュトミー、言語訓練など―に従事し多くの業績を残しています。

一般にシュタイナーといえば「シュタイナー教育」が有名で、彼の教育思想と実践的方法論をとりいれた幼児教育は「シュタイナー学校」として日本でも知られています。
一方「シュタイナー医学」は、最近日本では「シュタイナー」の冠にかえて「アントロポゾフィー医学」と呼ばれています。この医学は病気を診るときに身体の「部分」を診るのではなくて、生きた有機体としての身体「全体」を捉えたときに初めて全てが理解できる―とする「全体論(ホリズム)」の原理に則しています。そこには、身体「全体」の気の流れを診る「鍼灸治療」と共通した世界観があるようです。

これら多種多様な世界の根底にあるのが、人智学(アントロポゾフィー)です。ところがシュタイナーの思想にふれる初学の者にとっては、人智学として説かれる神秘思想(オカルト)に戸惑ってしまうのです。「エーテル体とアストラル体」とか「チャクラが開く」といった話はもちろんのこと、ほとんど荒唐無稽な「宇宙進化の物語」などに至っては懐疑的になってしまいます。それに懲りてシュタイナーに対する興味に蓋をしてしまう人もいれば、それはそれでとばかりに神秘思想(オカルト)を覆い隠したまま、差し障りのない所だけの「シュタイナー」として無理やり受容する人もいるようです。

◆シュタイナーを理解するためには
こうした「戸惑い」の原因は明らかにシュタイナーのオカルト的な側面にあります。
かくいうわたしも、シュタイナーの著作をはじめて読んだときは、とにかく饒舌な語りで埋め尽くされたオカルトの内容がすこしも頭に入ってこず、それは彼の独特な文体のせいなのか、はたまた翻訳に問題があるのかよくわからないまま、結局彼の本を途中で投げ出したものです。

ただ、そうした経験をしながらもシュタイナーに再び興味のベクトルが向き始めたのは、コリン・ウイルソンと小杉英了がそれぞれ著した2冊の解説本を読んだことがきっかけでした。そこで分かったことは、シュタイナーを理解するには、オカルトこそが彼の思想の根幹(=本道)であることをまずは認識すること。併せてオカルトに真正面から向き合い、オカルトについて正しく理解することでした。

◆オカルトの本当の意味
『人智学』では「三分節論」といって、人間は「体」と「魂」と「霊」とからなる存在である―としています。たとえばこの3つの違いを説明すると、花を見て色とか匂いを感じるのは五感を伴う「体」であり、その美しさに感動して揺さぶられるのが「魂」、そして「霊」は「魂」を動かす力のことを言い、宗教的自覚、つまり深い無意識の領域で人間の生命の心髄にふれて自覚をさせてくれるものです。この場合の「霊」はドイツ語で「ガイスト」フランス語で「エスプリ」英語で「スピリット」と訳せます。ここで大事なことは、シュタイナーの思想とは、この「霊」そのもので成り立つ「内面世界」を、より追究した哲学であるということです。

【人智学】 (人間)=「体」+「魂」+「霊」

一方、正統キリスト教会を中心としたヨーロッパの精神史を振り返ると、西暦869年のコンスタィノポリス教会会議にて、三位一体論(神・キリスト・聖霊)をめぐる聖霊論争の中で、個々の人間と霊的なものとの直接的な結びつきが否定され、人間はただ、使徒の系譜に立つ教会を通して「聖霊」を受けるときにのみ霊的なものと結びつく、という教義が確立されてしまったのです。つまり、「体(肉体)」と「魂」という二元的要素からなる人間は、「霊」がそこから恩寵(おんちょう)として下される教会組織に属してはじめて、永遠なる神との契約に入るとされたのです。

【正統キリスト教会】(人間)=「体」+「魂」 ⇐ 「聖霊」(教会の専権事項)

正統キリスト教会は4世紀にローマ帝国の国教へという一連の出来事を通して、西暦869年の教会会議による上記のような教義を変更したことは、裏を返せば教会の外では霊的なものとの直接的な結びつきは生ずるはずはないとし、もしそれを主張する者がいれば、それは「悪魔のささやき」にほかならず、すべて「異端」「異教」として迫害の対象にしたのです。その迫害された最大の思想潮流が、初期キリスト教のグノーシス諸派やマニ教などでした。つまり正統キリスト教会が、それらの「異端」「異教」を危険思想として「覆い隠そう」とした「くくり」がまさに「神秘思想(オカルト)」の本当の意味なのです。

そもそも「オカルト」とは「視界から覆い隠して見えなくする」という意味のラテン語に由来します。「覆い隠した主体」は正統キリスト教会(ローマカトリック)であり、「オカルト」のレッテルを一方的に貼られながら「覆い隠された対象」は、グノーシス諸派を代表とする初期キリスト教―というように、あくまでも歴史の勝者である正統キリスト教会からみた構図にすぎないということです。

◆シュタイナーは宗教哲学者
シュタイナーのオカルティズムとは、初期キリスト教のグノーシス諸派のヴィジョンと符合し、さらにそれらの水脈上にある「ドイツ神秘主義」に通じています。シュタイナーは「人間」と「神」と「キリスト」の関係を次のように説明しています。

「人間は自己の内部で霊的な仕方で神を生み、人となった神の霊であり、ロゴスであるキリストを生むことになる」

つまりシュタイナーによれば、神やキリストは人間から超越した場所に存在するのではなく、人間ひとり一人の内側、すなわち「霊性」そのものである「内面世界」に存在するという考え方なのですが、これは正統キリスト教会からみれば明らかに「異端」であり「オカルト」ということになるのです。しかし人間の豊穣なる「霊性」に満ちた「内面世界」を希求したシュタイナーの姿勢には、19世紀に発達した「唯物主義」に対するアンチテーゼとしての価値が十分にあったのです。
シュタイナーは、西洋精神史の影の部分である「オカルト」の回帰を謳ったというより、むしろ幾重にも覆い隠されてきた「オカルト」からの解放を提唱し、みずからの足元の「霊性」を徹底して掘り起こそうと主張した宗教哲学者であったのだと思います。

シュタイナーの中心的テーマであるこの「霊性」ですが、日本人からみるとそもそも「霊(ガイスト)」は日本語には適切な訳語がないので、しょうがなく「霊」と言うわけですが、幽霊の「霊」と間違われることもあってどうしても誤解を生じやすいのです。日本人が「オカルト」という言葉に「戸惑い」を感じるのはそうした事情があるからかもしれません。しかしそのことにこだわればシュタイナーをいつまでも理解できないのです。それには、シュタイナーの思想の背後にあるキリスト教を中心とした西洋精神史の光芒と、シュタイナーが活躍した1900年代初頭の時代背景をくみ取りながら、シュタイナーを理解する必要があると思っています。

※アントロポゾフィー(=人智学)
アントロポゾフィーとはギリシャ語の「人間(アントロポス)」と「叡智(ゾフィー)」という2つの言葉を合わせた「人智学」という意味。
※コリン・ウイルソン『ルドルフ・シュタイナー』中村保男訳・河出文庫(93年)
※小杉英了『シュタイナー入門』ちくま新書(2000年)