スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第160話:「五十営鍼法」について



◆「外気功」による気の調整
およそ25年前、広州中医学院(現広州中医薬大学)を訪れた際に、気功師による「外気功」を見学したことがあります。当時の様子を再現するとこんな感じです。

モデル患者として選ばれた友人が指示された通りに椅子に座ると、気功師の先生は彼の傍に立ち、やおら身体に手をかざしたかと思うと、その手を体表から一定の距離を保ちながら、身体の上下をなぞるかのように腹部から肩へと移動し、さらに腕の末梢に向かいまた体幹に戻り、次には腰から足の末梢に向かいまた体幹に戻るという、まるで定められたコースに一筆書きをするように忙しく動かしていました。その間、目を閉じていた彼は気功師の手の動きに呼応するかのように、上半身が自然と横に揺さぶられていました。

◆「子午流注」の循環ルート
実技披露が終わって気功師の先生に確認したところ、一連の手の動きの意味するところは、経絡の流注(るちゅう)をなぞりながら手をかざすことでした。したがって、この「外気功」の目的とは、すべての経絡を通して気の滞りを生じさせないように、気を調えることにあると解説していました。

ここで「流注」とは12本の経絡の循環ルート。十二支に配当することで「子午流注(しごるちゅう)」とも言います。まずは中焦で起こった「気」は、始点の肺経から終点の肝経までを一回りとし、終わりのないメビウスの輪のように周回を繰り返し、各々の経絡では関連する臓腑に連絡しています。鍼灸医術の古典『黄帝内経・霊枢』の「五十営篇」によれば、その周回運動は一日に50回にも及び、気の流れの速さは一呼吸で6寸進むとされています。また同「営気篇」によれば始点の肺経から終点の肝経までの一回りを次のような順番で巡ると記述されています。

①肺経[始点]⇒②大腸経⇒③胃経⇒
⇒④脾経⇒⑤心経⇒⑥小腸経⇒
⇒⑦膀胱経⇒⑧腎経⇒⑨心包経⇒
⇒⑩三焦経⇒⑪胆経⇒⑫肝経[終点]

◆「五十営鍼法」による気の調整
ここで本題ですが、以上の「外気功」の鍼術版ともいえる「五十営鍼法」を、今回は紹介してみます。15年ぐらい前に台湾の友人から教えてもらった方法で、中国の某老中医が考案した鍼法と聞いております。もちろん「五十営鍼法」とは前述の『霊枢』「五十営篇」から命名したと思われます。やり方は、以下の通り「子午流注」の順番に応じて各経絡の要穴に刺鍼する方法です。但し体位を仰臥位に限定するために一部省略する経絡があります。

<流注>:括弧内は省略する経絡
①中焦→②肺→③大腸→④胃→⑤脾→⑥心→(小腸)→
(膀胱)→⑦腎→⑧心包→(三焦)→(胆)→⑨肝→⑩中焦
<刺鍼穴>
①中脘→②太淵→③合谷→④足三里→⑤三陰交→
⑥神門→⑦太谿→⑧大陵→⑨太衝→⑩関元
<特記>
・陽経の小腸経・膀胱経・三焦経・胆経は省略する。
・中焦の起点を中脘穴とし、終点を関元穴とする。
・10経穴、18箇所を順番にそって5分以内で刺鍼する。
・置鍼20分とする。
・置鍼中に経絡をめぐることを患者が体感できる。

この鍼法は、気の流れを調整する本治法(全体治療)として利用できます。ただ、わたしの場合、現在は2経穴だけで本治法ができるので、治療の中で「五十営鍼法」を使うことはありません。
とはいえ、鍼灸師なりたての方であれば、素早く刺鍼する技術を身につけることや、子午流注を意識しながら刺鍼するためには、「五十営鍼法」を基本トレーニングとして試行することをお勧めします。
また、一般の方であれば、せんねん灸のような簡便灸を18穴に順番にすえてゆく方法にかえれば、セルフケアとしての養生灸として応用できると考えています。(了)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。