FC2ブログ

第170話:修験道との繋がりを求めて(2/3)



◆庄内地方の山岳信仰:
庄内地方は東西に流れる最上川を境に、以南を田川郡、以北を飽海(あくみ)郡と呼んでいました。田川では霊峰・月山が聳え、それに羽黒山・湯殿山を加えて出羽三山と呼びます。そして飽海では山形・秋田の県境に跨る出羽富士・鳥海山の雄姿が見えます。
出羽三山と鳥海山は共に古くから山岳信仰で栄えた霊山。特に月山と鳥海山は子午軸(南北)に対峙することから、それぞれを「陰の山」「陽の山」の関係とみなし、密教を取込んだ修験道の世界からは、「胎蔵界」「金剛界」の曼荼羅を形成しているとみます。

出羽三山と鳥海山に行者や修験(山伏)が登拝し修行の山として定着したのは中世の頃。それが近世になると、麓の人々の暮らしに水を提供する水分(みくまり)の山として五穀豊穣を願い、あるいは健康祈願や病気直しなど暮らしの安泰を祈るという庶民の信仰と祈願の山となっていきます。庶民の間で「お山参り」と呼ばれる信仰登拝は江戸時代には盛んに行われていました。各地域で「講」が組織され、男性は15歳になると村を代表して白装束に身に纏い、行者や山伏に先導されて鳥海山と出羽三山を続けて登拝するという風習もありました。

春に田植の季節となれば山の神が降りて田の神になり、秋の収穫が終われば田の神はふたたび山に帰るとされ、田の神との交替を繰り返す山の神は農神とみなしていました。
さらに、山の信仰は人々の死生観にまで及びます。山の自然の移り変わりに、人の死と再生の循環を重ね合わせ、先祖の霊が三十三回忌を超えると神霊は清まって山の神になるとする他界観がありました。

◆鳥海山の神社と修験
こうした山岳信仰の中核となったのが、鳥海山では「大物忌神社」と「鳥海修験」でした。
鳥海山の山頂に建てられた「大物忌神社」には祭神「大物忌神」が祀られ、麓の山形側・秋田側のそれぞれの登拝口にも「大物忌神社」が置かれています。
山岳信仰と修験道の世界は、現在では消滅した世界ですが、改めてその過去の姿を振り返り、現在の姿へと変貌した経緯を書き留めてみます。

明治に入るまでの、吹浦にある「大物忌神社」では、神社と寺そして修験道が統合して、鳥海山の山岳信仰の中核をなしていたわけです。たとえば、神社の境内には神宮寺(真言宗か天台宗)があります。半僧半俗の山伏(修験の徒)は、その神宮寺に衆徒(しゅと)として所属して、周辺に居を構え山伏の集落を形成していました。
大物忌神社には本地垂迹説に基づく権現が祀られ、神宮寺には本地の仏像が安置。神社では真言密教の曼荼羅(胎蔵界と金剛界)を反映する意味から、鳥海山と月山の両権現が祀られ、大物忌神社は「大物忌月山両所宮」と言われていました。それと境内にある神宮寺(梵宮山光勝寺)には、両権現の本地である薬師如来と阿弥陀如来が共に祀られていたのです。

大物忌神社(大物忌月山両所宮)⇒ 鳥海山権現+ 月山権現
神宮寺(梵宮山光勝寺)    ⇒ 薬師如来 + 阿弥陀如来
山伏(修験の徒)は神宮寺に所属


神仏全体を取りまとめるのが「別当(べっとう)」と呼ばれる役職。別当の多くは僧侶が担うため、神社よりむしろ神宮寺のほうが権力を握っていました。それが江戸の後半になると神社と神宮寺との権力争いが次第に増して、神社と寺はある種の緊張関係にあったそうです。いずれにせよ、そうした環境下で、山伏(修験)たちは神宮寺側(密教系の仏教)に所属していたのです。

現在の大物忌神社は完全に神道に鞍替えしています。明治初年に政府が国家神道を中核に据え「神仏混淆禁止の令」を断行して、仏教色を徹底的に排除する所謂「廃仏毀釈」を押し進めた結果、神仏習合の装いは全くなくなっています。僧侶と修験を追放したことで、それまでの神社と神宮寺との権力争いは終結を迎えます。
具体的には、御神体は大物忌神と月山大神に代わり、境内の神宮寺は壊され、安置されていた薬師如来と阿弥陀如来は他の寺社に移設されたと聞きます。そして明治5年に下された「修験道廃止の令」を境に山伏(修験)は終焉を迎えるのですが、吹浦衆徒はそれに先駆け、明治2年には全戸が神道に転換し、明治3年には正式に神職となったそうです。

大物忌神社 ⇒ 大物忌神 + 月山大神
神宮寺(梵宮山光勝寺)は破壊
山伏(修験の徒)は廃止


鳥海山を信仰の対象とする「登拝」は、明治以降、民間信仰としての「お山参り」が引き継ぐのですが、それも徐々に衰退して、今ではスポーツや観光または健康や癒しを目的とする「登山」に変わりました。山伏(修験)の姿は消え、修験の集落は普通の村落になり、かつて山岳信仰で栄えた面影は、今は神社が受け継いだ伝統芸能に少し残っているのかもしれません。
次回は修験道の歴史と修験の体験を綴ります。(つづく)

※投稿論文『山岳信仰の展開と変容:鳥海山の歴史民俗的考察』
鈴木正崇(慶応大学文学部教授)
三田哲學會刊『哲學』第128集p447~514(2012年)

スポンサーサイト



第169話:修験道との繋がりを求めて(1/3)



◆わが身のルーツとは:
自分の身体に流れる「血」とは一体なんだろう。所謂ファミリーヒストリーについて気になりだしたのは、ちょうど還暦を過ぎた頃でした。なかでも祖父の家系が代々神職に就いていたことは、今のわたしに何かしらの関係性があるのだろうか、ある種の期待感に似た好奇心が勝手に騒ぎ出しました。それまで興味の対象の一番隅っこにあった祖父の生家である神社についての事柄が無性に気になりだしたのです。とはいえ、ようやく自分の関心が成熟した頃にはすでに両親は亡くなり、尋ねるべき伯父伯母も鬼籍に入っていました。もっと早く聴いておけばよかったと後悔するも後の祭りです。

そこで自力で調べてみると、まるで見えない「力」がはたらいたとしか思えないような展開が待っていました。公立図書館の検索システムを使い、駄目もとで調べてみたのですが、偶然にも、故郷の神社について記述した江戸時代の古文書(昭和に出版された復刻本)に遭遇したのです。

◆山伏に繋がる
その復刻本を手にして漢文まじりの記述を読み解いていきます。そこで分かったことは、祖父の生家である神社は、鳥海山の麓、日本海に面した吹浦(ふくら)にある大物忌神社からの分家であり、(以前は神職だったという)山伏を派遣して勧請された神社である-と読み取れたのです。突然浮上した「ヤマブシ」という響きに戸惑いながら、親族にそのことを伝えたところ、たいして関心のない反応でした。結局興奮しているのはわたしだけ。でも冷静に考えてみれば、これはきっとわたし宛てに届いた「ご先祖さまからのメッセージ」だと確信できたのです。

大物忌神社(おおものいみじんじゃ)は鳥海山の山岳信仰の基点となる神社です。そこに関連した山伏(修験)となれば、わたしの家系は先祖代々鳥海山の神霊や仏菩薩と深い繋がりがあるということです。

そして最も驚くことは、「山伏」と現在のわたしの職業に共通点を見出せることです。たとえば鈴木正崇著『山岳信仰』を紐解くと、山伏についてこんな記述があります。

「山伏は半僧半俗として里に定住して、山の行を通じて神霊や仏菩薩と交流し、自然の特別な験力(げんりき)を身につけ、里に下れば加持祈祷・卜占託宣(ぼくせんたくせん)のほか、民衆の精神的な救済として病気直しや日々の悩みの解消、薬の処方など民衆の身近な『野のカウンセラー』として活躍していた。」

この「病気直しや日々の悩みの解消」という部分は、鍼灸師としてのわたしの生業とまさに符合。なにか先祖代々と繋がる「縁起の理」を感じないわけにはいかないのです。

◆あのときの意味
わたしが二十歳になった年(1974年)のある日。鳥海山が174年ぶりに噴火したというTVニュースが飛び込んできたのですが、その日の夜はなぜか興奮して寝つくことができなかったことを今でも鮮明に覚えています。言い伝えでは、鳥海山の祭神「大物忌神(おおものいみのかみ)」の怒りをかうと鳥海山は噴火し、それを鎮める役割が大物忌神社の神職とされています。
つまりそれは、174年後の噴火に居合わせた何も知らない神職の子孫である二十歳の青年が、意味も解らずただただ何もできない「もどかしさ」の感覚に襲われた結果、ついには寝つけなかった―というのがことの顛末であったと、今となっては解釈できます。
⇒参照「第134話:鳥海山の神仏と陰陽」

さらに振り返れば、これまで、仏教や神道、あるいは中国の道教とか神仙思想に対しての興味が持続できたのは、鍼灸医学を背景とする東洋の宗教哲学を学びたいという願望が人一倍あったにせよ、むしろそれは自然と受入れやすい(修験道的?)感性が潜在していたからこそであり、最終的にはご先祖さまと繋がるようにセッティングされていたのでは―とさえ思えてきます。

一冊の復刻本から偶然知り得たファミリーヒストリーの断片は、鳥海山の山岳信仰と修験道の世界についての興味を益々引き寄せています。さらには、今年の八月には出羽三山に足を伸ばして、二泊三日の修験道の体験、所謂「山の行」にも参加してきました。
こうした一連の知り得たこと、そして体験したことを次回お伝えしていきます。(つづく)


※進藤重記著『出羽国風土略記』歴史図書社(昭和49年)
進藤重記(1709~1769)は吹浦大物忌神社の神官。神宮寺と羽黒修験による神社側への一方的な訴えにより、庄内藩裁定の結果、田川郡に追放される。重記は吹浦に戻ることなく田川郡で没。子孫は藩医となり酒井家に仕えたという。『出羽国風土略記・十巻』は、享保・寛延より宝暦12年(1762年)迄の20年間で書かれた出羽国の地誌。現代においても郷土史研究の重要な本となっている。
※鈴木正崇著『山岳信仰』中央公論新書(2015年)
山岳信仰と修験道についての入門書。出羽三山・大峯・英彦山の三大霊山を中心に、全国の八つの霊山を取り上げて、山岳信仰の歴史と実態を明らかにする。