FC2ブログ

第184話:『Battlefield Acupuncture(戦場鍼治療)』(2/2)検証編



◆専用鍼と刺激量の問題
ニエムゾー博士が開発した『Battlefield Acupuncture(戦場鍼治療)』を、そのまま臨床で生かそうとしても、「ASP鍼」という専用鍼が入手できないという問題があります。「ASP鍼」を画像でみるかぎり、ディスポーザブル針の専門業者に特注して作らせたものと思われます。しかも下の写真にある形状と太さから判断すると、一般の鍼であればかなり太い方の類で、刺激量はかなり強力だと推定できます。
そこでとりあえず、「ASP鍼」の代用として、豪鍼(寸3-2番)を使用し、且つ刺鍼時には軽く雀啄(じゃくたく)という手技(軽い上下運動)で鍼の響きを加え、5か所に刺鍼した後10分間の置鍼としました。


◆『Battlefield Acupuncture』を活用した症例
①主訴
♯右第7肋骨辺りの痛み(1週間前に転倒打撲)
女性Aさん(64才)は一週間前に旅行先で転倒。打撲による右肩痛を訴える。右肩関節の可動域が前屈130°で痛みが生じる状態。鍼灸治療を施すと4~5日で右肩痛は改善して可動域も正常域まで回復。ところが、肩痛解消と同時に今度は右乳房下の第7肋骨上(ツボでいうと期門あたり)の運動痛が顕在化した様相。笑うと痛い、咳をすると痛い、仰臥位になるとき、もしくは仰臥位から身体を起こすときが痛いと訴える。
②治療内容
a.座位でベッドの横に足を投げ出した姿勢で治療。ゆっくり身体を後ろに倒した時の、患部(右乳房下の第7肋骨上)に響く動作痛を、疼痛レベルMax10と設定してもらう。
b.左右の耳それぞれに、「1:CINGULATE GYRUS」「2:THALAMUS」「3:OMEGA2」「4:POINT ZERO」「5:SHEN MEN」を取穴して印を付けておく。取穴法はオリジナルの「FMテスト」を使用。右手の第1~3指で患部(または腕橈骨筋で代用)を軽く触れながら、左手に持った鍉針の先を該当のツボ周辺に触れ、患部の緊張が弛むポイントを以てツボの位置とする。
c.患側の右耳、健側の左耳の順番でまず「1:CINGULATE GYRUS」に刺鍼をして、動作痛を再現してもらい、疼痛レベルがどの程度減弱したかを申告してもらう。
これを「2:THALAMUS」「3:OMEGA2」「4:POINT ZERO」「5:SHEN MEN」の順で、同様に逐次、刺鍼したあとの動作痛の疼痛レベルを確認する。

③治療結果
始め左右の耳にツボ1か所に刺鍼した後に、動作痛の疼痛レベルの軽減を確認すると、それほど顕著な軽減変化がみられない。そこで、疼痛レベルの確認は、全ツボ5か所に刺入を終了した段階のみとした。最終段階の動作痛の疼痛レベルの軽減を確認すると(7/10)つまり30%減少して、「動きが少し楽になった」との回答を得る。置鍼していた合計10本の鍼をすべて抜鍼して治療を終了。そして、翌日に本人から電話連絡が入り、「朝起きたら(3/10)に痛みが軽減して、日常の動きが随分楽になった」との回答を得る。

◆結論
「ASP鍼」よりも明らかに刺激量が少ない「豪鍼(寸3-2番)」を使用したとはいえ、疼痛レベルが治療直後に(7/10)、さらに翌日が(3/10)に減弱したという結果が得られました。この結果から『Battlefield Acupuncture』の鎮痛作用については有効性が認められたと判断できます。

但し、即効性という意味では、明らかに「鍼の刺激量」によって左右されると分析できます。というのは、「豪鍼」を選定する前に、実は「円皮鍼(0.18x0.9mm)」で試行してみたのです。すると「円皮鍼」では疼痛レベルの減弱に全く変化がありませんでした。仮に「円皮鍼」を留鍼したままにすれば翌日に効果が出たのかもしれませんが、鎮痛作用の即効性という点では「円皮鍼」には有効性がないという結果でした。
そうした結果から、「刺鍼の刺激量」に着眼すべきと判断して、「豪鍼(寸3-2番)」には、雀啄を加えることで、いくらかでも刺激の加重を図ってみたわけです。
したがって、即効性を左右するのが「刺鍼の刺激量」であるとすれば、「ASP鍼」に代わる鍼の選定及び適正刺激量についてが、今後の検討課題になります。

5つの特定のツボについては、刺鍼の順番を指定されているだけで、個々のツボがどのような役割をもつのかは明らかにはされていません。とりあえず最大公約数的に5つのツボを使っているのかもしれません。とはいえ、疾患に応じて反応するツボもあれば、逆に反応がないツボもありそうです。たとえば、ニエムゾー博士は論文の中で、ほとんどの片頭痛は、両側の「3:OMEGA2」「4:POINT ZERO」「5:SHEN MEN」の2x3穴に留鍼するだけで解決できると述べています。つまり、疾患の種類に応じて固有の配穴(ツボの組み合わせ)があることを博士は示唆しているのです。この点に関しても興味深く観察していきたいと考えています。

よく耳にすることですが、「鎮痛を目的として痛みの閾値を上げる治療は、根本治療ではない」という指摘があります。しかしながら、顔を歪めて痛みを訴える目の前の患者さんの身体の中を想像してみて下さい。痛みという不安なストレスによって、自然治癒力が働かない状況が浮かんでくるはずです。患者さんにとって、痛み(不安)から瞬時に開放されるということは、同時に自然治癒力の作動ボタンが押され、治癒への道が開かれるようなものです。先の症例でいえば、治療によって即効的に痛みが(7/10)に減弱し、さらには自然治癒力がはたらいて翌日には(3/10)まで減弱したと解釈もできるわけです。
それだけ鎮痛作用における「即効性」のファクターは重要だということ。そうした意味でも、痛みを素早く軽減させる『Battlefield Acupuncture』という新たな「耳鍼療法システム」は、これからの臨床に大いに活用する価値はありそうです。(了)
スポンサーサイト