FC2ブログ

第98話:至陰というツボ



◆逆子に鍼灸
ユリノキの花が咲く頃、逆子で来院されていたAさんから「おかげさまで直っていました」と、うれしい報告をうけました。ふたり目の赤ちゃんを妊娠中のAさんは、病院での検診で逆子を告げられたのが、ちょうど2週間前の妊娠32週目のこと。相談した家族の勧めもあって当院に来院されたのです。
逆子に鍼灸が効くという情報はIT社会のお蔭もありますが、ずいぶんとポピュラーになっています。そもそも一般的に知られるようになったきっかけは、20年ぐらい前でしょうか、東邦大学医療センター大森病院が、その効果を紹介したことだったと記憶しています。

◆「至陰」という特効穴
逆子に効く代表的なツボが「至陰(しいん)」です。場所は足の小指の外側、爪甲根部の傍らにあります。わたしの治療院では、両足の「至陰」2穴と、経絡診断による要穴(肝虚証であれば肝経の要穴、腎虚証であれば腎経の要穴というように・・)の合計3穴を正確に取穴し、マジックで印をつけておきます。自宅では毎日、印をつけたツボに施灸をしてもらうのですが、来院時にはご主人をまじえて、お灸の仕方を以下の要点で教えています。

【自宅施灸の要点】
○お灸前に排尿しておく
○腹帯をゆるめる
○仰臥位で腰を弛めるために膝枕をする
○自分で施灸しない(腹部を圧迫するため)
○家族(ご主人)に施灸してもらう(毎日1~2回)
○赤ちゃんに「あたまはこっちだよ~」と声掛けしながら施灸

お灸をすると、それに合わせてよく胎児が動き、羊水が波打つのがわかるといいます。そうした感覚を実感しながら、お腹の赤ちゃんと会話し、ご主人の愛情こもったお灸を施すことが、もっとも大切なポイントだと思っています。

◆あえて注意点
但し、「至陰」の施灸による有効率は早い時期ほど高いのですが、妊娠周数が多いほど有効率は下がっていきます。なかなか改善しない場合は、産婦人科医の判断を仰ぎます。逆子が直らない場合には直らない理由がそこにあると考えるべきです。胎児を無理に動かすことで臍帯が首に絡んでしまうことがあり、その可能性がある場合は逆子の治療は中止します。帝王切開を選ぶことが、胎児にとって安全で最適な方法である場合もあるのです。状況に応じた柔軟な判断もときに必要とされます。

◆「至陰」の意味
経穴に使われる漢字は表意文字ですから、漢字の一字一字に意味と情報が込められています。「至陰」とは「陰に至る(以後、陰が始まる)」という意味です。「至陰」は陽経である「膀胱経」の終点のツボ。経絡の流注からいうと、「至陰」から次に繋がるのが陰経である「腎経」の始点のツボである「湧泉(ゆうせん)」です。つまり「至陰」は陽から陰に変わるインターフェースとしての役割があるということ。たとえばそれは、一枚のカードを突然裏返すと、たちまち「陽」から「陰」に豹変するという作用が、たぶん「至陰」に内在している。だから先人は、胎児をひっくりかえすほどの作用が「至陰」にあると見抜いたのではないか、というのがわたしなりの解釈です。(成書では「気を引き下げる」効果があるとしていますが・・)

◆古典にみる「至陰」
「至陰」が逆子に効くという淵源を古典に尋ねると、古くは中国宋代の医学書『太平聖恵方(たいへいせいけいほう)』に「至陰 小便淋、婦人横産」との記載があります。婦人横産の「横産(よこざん)」とは、胎児が横位になることによる難産を意味しています。
宋代は、印刷術と製紙業が急速な発達をみせた時代。建国まもない時期より、国家的事業による医籍の出版が盛んに行われました。そのなかの『太平聖恵方』は982~992年の間に完成をみた医方書のひとつで、広く宋代以前の医方書および当時民間で行われていた治療処方を収集し、それらを集大成しまとめられた書物です。

今から千年余り前の時代に、妊産婦にとって危険な症候であった「横産」を改善するために、「至陰」というたった一組のツボに効能を見つけだした先人の功績には感心するばかりです。しかも「婦人横産」と、つつましくも4文字熟語でさらりと記述するあたりに、深い経験に裏打ちされた「中国伝統医学」の神髄を感じます。
関連記事
スポンサーサイト