FC2ブログ

第102話:森敦『月山』の背景(3/3)



◆矢印の方向に気が動く
左右の掌(たなごころ)に三角の図形がそれぞれ載っています。左は矢印が外へ向かい、右は矢印が内に向かっています。紙テープで作ったものですが、ひとつのものを表と裏に載せただけで矢印の方向がかわる仕組みになっています。載っている掌には矢印の方向に気が動くのがわかります。気のせいではと言われますが、穏やかに気に集中するとどなたでも感じると思います。

作り方は次の通りです。
① 適当な長さの紙テープの中央に、矢印を短辺方向に等間隔で書き入れ、裏側にも短辺方向に等間隔でただし逆方向に書き入れる。
② テープの一端を180°ひねって、表を裏に貼りつける。これを「メビウスの帯」という。
③ メビウスの帯を上からぐしゃりと押し付けて正三角形にする。そこで矢印に注目すると、
表が外向きなら裏は内向きになる。

◆曼荼羅を表す不思議な図形の意味
実はこれは森敦の『マンダラ紀行』に紹介しているもので、左の三角は「金剛界曼荼羅」で、右の三角は「胎蔵曼荼羅」を表しています。森敦は数学に詳しく、位相幾何学(トポロジー)として曼荼羅を展開するとこうした三角形と矢印に表すことができると提言しています。そこで、この不思議な図形に込められた意味合いを紹介してみます。

「金剛界曼荼羅(小宇宙)」と「胎蔵曼荼羅(大宇宙)」は二項対立ではなく、「入れ子構造」による連続体であることを前回説明しました。そこに次の「華厳経」の思想が加わります。

「それぞれの中にすべてがあり(一即一切)、すべての中にそれぞれがある(一切即一)」

この成句は、平たく言えば「小宇宙の中に大宇宙があり、大宇宙の中に小宇宙がある」となります。したがって両者のベクトルは、金剛界曼荼羅は「内から外へ」で胎蔵曼荼羅は「外から内へ」となり、図形の矢印の違いに反映されているのです。

ところが二つの図形には、矢印の方向の違いだけに終わりません。そこに潜むもっとも大事な意味合いとして「メビウスの帯」にあります。「メビウスの帯」には表裏はなく、仮に一方を表とすればどこまでも表であり、裏とすればどこまでも裏のままです。これを手繰って行けば「胎蔵界」は同一平面を滑って「金剛界」になり、更に手繰って行けば「金剛界」はそのまま同一平面を滑って再び「胎蔵界」になるのです。

◆照応(コレスポンデンス)
森敦はこれを「完結しながら無限であり、無限でありながら完結する二次元の仏教空間である」と表現しています。つまり、「金剛界曼荼羅」と「胎蔵曼荼羅」は共にメビウスの帯上に存在することから、境界が存在しない連続した関係にあり、お互いに照応(コレスポンデンス)する関係にあるということです。

「金剛界曼荼羅(小宇宙)」  ⇔ 照応 ⇔  「胎蔵曼荼羅(大宇宙)」
  内から外:「一即一切」              外から内:「一切即一」

このように、小説『月山』とは「月山周縁の自然」を中心とした仏教空間に、真言密教による「曼荼羅の世界」と、華厳経による「一即一切・一切即一」の思想を織り込みながら、完璧なまでに照応する「宇宙小説」として謳い上げています。改めて作家森敦の奥深いまでの才能に驚きます。

◆森敦についての追記
あまり信じてもらえないかもしれませんが、実はわたしが小学校3年生ぐらいの頃だと思うのですが、酒田の街で森敦と出会っています。というか、友達と相撲をして遊んでいるときに、明らかに土地の人ではない眼鏡のおじさんに声をかけられたのです。不思議なことに、たったそれだけの出来事が、いつまでも記憶の片隅に残っていました。それが森敦だと分かったのは、わたしが20歳になった年(1974年)、芥川賞受賞で一躍有名になった森敦(当時62歳)をTVで初めて見て気づき「あのときの眼鏡のおじさんだ!」とおもわず声を挙げたものでした。

森敦(1912~1989)の履歴を調べると、月山から鶴岡・酒田・吹浦へと庄内を放浪した時期があり、ちょうどそのときは隣の鶴岡市大山に住んでいた時期と重なります。でもなぜ酒田の街にいたのか確かめる手立てはないのですが、ただひとつ言えるのは、眼鏡のおじさんに不思議なオーラのようなものを子どもなりに感じていたことは間違いないようです。

そんな不思議な縁を感じるままに20代の頭で『月山』を読みましたが、ほとんど理解できなかったのが偽らざるところです。いま60歳を間近にして、仏教に多少なりとも興味をもつようになり、ようやく森敦の小説世界を理解できる「とば口」に辿り着いたといえます。森敦は当時小学生のわたしに何を話しかけてくれたのか、まったく思い出せないのですが、「きっと大きくなったら僕のことを思い出すからね」とか言われたのでしょうか。いずれにせよ、森敦の作品群は人生終盤にかけての座右の書のひとつになりそうです。これからもゆっくりと森敦の至言を拾っていこうと思っています。(完)

※森敦著『マンダラ紀行』ちくま文庫(89年)
※森敦対談集『一即一切、一切即一』法蔵館(昭和63年)
※鎌田茂雄著『華厳経』講談社学術文庫(91年)
本によっては「一即一切・一切即一」が「一即多・多即一」になる。
関連記事
スポンサーサイト