FC2ブログ

第109話:「鍼灸治療を続けている人はガンになりにくい」



◆永く通院されている患者さんにみるひとつの傾向
鍼灸師の資格を取得してちょうど20年になります。治療家として続けてこられたのは、患者さんとの御縁に恵まれたことによります。身体の手入れや健康管理として週に1度や月に2度、定期的に通院される患者さんの中には、もう10年以上のお付き合いの方が何人かいらっしゃいます。

そうした常連の患者さんを永年みていて気づいたことがあります。それは「どなたもガンになっていない」という事実です。ただ「鍼灸治療を続けている人はガンになりにくい」という結論を下すには、統計学的に成立するほどの人数ではありません。ましてや定期的に通院される方は、一般の方より健康に対する意識が高いのではといわれるかもしれません。

それでもです。臨床20年を経た治療家個人の感触とはいえ、鍼灸治療を定期的に受けている方は、きっと鍼灸の効果を常に蓄積的に享受することで免疫力が向上し、結果「ガンになりにくい体質」へと変わっていったのではないかとみているのです。

◆安保理論からの裏付け
少々乱暴とも思えるこうした仮説に対して、科学的な裏付けを提供してくれる学説が近年ようやく登場しました。それは免疫学者として知られる新潟大学大学院(医歯学総合研究科)の安保徹教授が96年に発見した「白血球の自律神経支配の法則」です。この学説からは、人がどうして病気になるのかという仕組みが、免疫と自律神経の面から見えてきたのです。

結論から述べると、鍼灸治療を施すと身体がリラックスし自律神経は副交感神経が優位になります。同時に白血球の中の顆粒球とリンパ球の比率をみるとリンパ球の方が大きい。このリンパ球数増大は免疫系の活性化を意味します。したがって永年定期的に鍼灸治療を施されている人ほど、常に免疫力を刺激されているのでガンになりにくい身体になっている―という図式です。
では、それを裏付けた安保徹教授の学説「白血球の自律神経支配の法則」について順を追って説明してみます。

◆「白血球の自律神経支配の法則」
わたしたちの身体のさまざまな臓器や器官は自律神経で調節されており、交感神経と副交感神経でさまざまな調整が行われています。活発に活動する昼間は交感神経が優位にはたらき、緊張を解く夕方から夜にかけては副交感神経が優位にはたらきます。

ウイルスや細菌といった異物が体内に侵入した際に取り込んで処理をする「白血球」には、基本細胞である「マクロファージ」、貪食能の強い「顆粒球」、免疫を高める「リンパ球」の3種類があります。 「顆粒球」は大量の活性酸素で体内に侵入した異物を処理。しかし、「顆粒球」は増え過ぎると、常在菌をどんどん攻撃し、化膿性の炎症を発現させるようになります。「顆粒球」は短期間で死滅しますが、その際に活性酸素を放出し、周囲の組織を酸化・破壊させます。「リンパ球」は普段は休んでいて、細菌が浸入した際に「マクロファージ」からのサイトカインという物質の情報によって、抗原の侵入に気づきはじめて活発な分裂を繰り返し、戦う準備態勢を整えるのです。

 【白血球の3種類】
  a. 顆粒球    :貪食能の強い細胞
  b. リンパ球   :免疫力を高める細胞
  c. マクロファージ:リンパ球にサイトカインを伝達


ここで「これらの白血球は自律神経の支配下にあり、交感神経が優位になると顆粒球が増え、副交感神経が優位になるとリンパ球が増えるというメカニズムでわたしたちの身体は守られている」というのが安保教授の学説「白血球の自律神経支配の法則」です。そしてそのバランスが崩れることでさまざまな疾病が発症するのです。大半は、交感神経神経優位の「顆粒球」が増えておこる疾病です。これが病気になる仕組みの全貌です。

  交感神経優位  ⇒ 顆粒球↑  ⇒ 活性酸素放出 ⇒ 過剰放出 ⇒ 疾病
  副交感神経優位 ⇒ リンパ球↑ ⇒ 免疫発動

では、ガンはどうかというと、ストレスなどで交感神経の緊張状態が続き、「顆粒球」が過剰に増えるようになると生じます。 身体の中でガンが発生しやすいのは細胞の再生・分裂が頻繁に行われる細胞で、「顆粒球」の放出する活性酸素により増殖遺伝子が損傷し、発ガンへと向かうのです。

したがって安保教授によれば「ガンと診断された場合、あるいはガンを予防するためには、まずこれまでの生き方を見直し、ストレスを取り除き、副交感神経優位型の生活で、自身に内在するリンパ球を引き上げる工夫をしていくことで免疫力を高めることが何よりも大切」と説いています。

◆鍼灸を施すと「副交感神経が優位」になる
そこで強調したいのが、継続的に鍼灸治療を受けることは、安保教授が勧める「副交感神経優位型の生活」への手助けになるということ。というのは、鍼灸を施すと身体はリラックスし、「副交感神経が優位」になることは経験的に分かっています。
さらに、治療の前後に血液検査を実施すると、白血球中の「リンパ球」の数値が治療前と比較して治療後には明らかに上昇していることが分かってきました。

たとえば、治療をすると患者さんは「身体が軽くなる」「気持ちがおちつく」「身体が温かくなる」「お腹が空いて食欲がでる」「便通がよくなる」「尿がしたくなる」と言います。そして、長期間治療を続けている方は「風邪が引きにくくなった」という変化もよく口にします。これらの変化はいずれもが「副交感神経が優位」にはたらいている証拠です。鍼灸治療を施すことによって、「副交感神経が優位」となり、心身はリラックスし、特定の内臓器官のはたらきが促進され、「リンパ球」の数値が増大することで免疫力が確実に高まっていることを意味しています。

 【副交感神経が優位の状態】
  「身体が軽くなる」「気持ちがおちつく」(心身が安定)
  「身体が温かくなる」        (循環器系の活動促進)
  「食欲がでる、便通がよい」     (消化器系の活動促進)
  「尿がしたくなる」         (泌尿器系の活動促進)
  「風邪が引きにくくなった」     (免疫力が向上)


◆鍼灸治療の大きな可能性
わたしが鍼灸専門学校生だった20年前は、「鍼灸を施すと白血球が増えて免疫力が高まる」とは教わりましたが、「副交感神経が優位」と「リンパ球の増加」といった、自律神経と免疫との関係を周知するには、安保理論が登場するまで待たなければならなかったのです。
安保教授の「白血球の自律神経支配の法則」は、今や鍼灸治療にとっても大きな援軍となっています。
伝統医学としての鍼灸治療は古来より治療だけでなく予防医学(未病を治す)としての役割をも担ってきました。ただしそれらはあくまでも経験医学として、先人の経験と智慧によって成立してきました。「鍼灸治療を続けている人はガンになりにくい」というのもひとつの経験則にすぎなかったのが、西洋医学とりわけ現代の免疫学から裏付けられたということは、鍼灸治療家として大きな自信に繋がるだけでなく、鍼灸治療の大きな可能性を示してくれたといえるのです。
関連記事
スポンサーサイト