FC2ブログ

第115話:無意識と自然治癒力の関係(1/2)



◆長生きは「瞑想法」にある
日本の仏教者や儒家の享年を調べてみると、かつては人生50年と言われた時代にもかかわらず、ほとんどが驚くほどに長生きしていることがわかります。

《仏教者の享年》
・空海(弘法大師)真言宗 (774 ~ 835)  62才
・最澄(伝教大師)天台宗 (767 ~ 822)  56才
・円仁(慈覚大師)天台宗 (794 ~ 864)  71才
・源信(恵心僧都)天台宗 (942 ~ 1017)  76才
・栄西   臨済宗 (1141 ~ 1215) 75才
・法然   浄土宗 (1133 ~ 1212) 80才
・明恵   華厳宗 (1173 ~ 1232) 60才
・親鸞 浄土真宗 (1173 ~ 1263) 91才
・道元   曹洞宗 (1200 ~ 1253) 54才
・日蓮   日蓮宗 (1222 ~ 1282) 61才
・一遍   時宗 (1239 ~ 1289) 51才
・白隠禅師 臨済宗 (1685 ~ 1768) 84才

《儒家の享年》
・貝原益軒    (1630 ~ 1714) 85才
・佐藤一斎    (1772 ~ 1859) 88才

この長生きの原因はどこにあるのか―ということですが、きっと東洋の伝統的な「行」としての「瞑想法」にあるのではないかとみています。仏教では「止観」、「三昧」、「定善観」、「坐禅」、または念仏を取り入れた「観想念仏」とか、または動的な瞑想としての「踊念仏」や「千日回峯行」など、それぞれの宗派に応じて、数多くの「瞑想法」が用意されています。そして儒教には「静坐」があります。これらを一括して呼ぶところの「瞑想法」を、先人たちは日々の「行」としてお務めすることが、それぞれの健康法になっていたのです。

◆無意識のエネルギーが健康にする
「瞑想法」は、深層心理学の立場からみると、意識の表面にはたらいている抑制力を弱め、その下にかくれている無意識のエネルギーを活発にする訓練といわれています。この無意識のエネルギーを活性化することが、たぶん自然治癒力を養うことに通じていたのではないかと想像するのです。というのも、ある識者がそれを裏付ける発言をしています。

たとえば、毎日早朝坐禅を日課にしている宗教学者の山折哲雄によれば、朝起きたときに多少風邪気味で、くしゃみとか悪寒などの自覚症状があったとしても、いつものように坐禅をしてしまえば、終わる頃には風邪の症状があったことは忘れてしまうといいます。

◆帯津良三の仮説
また医師の帯津良三は、身体の免疫や自然治癒力は無意識領野に関連していると説き、仏教の心理学ともいえる「唯識」の理論を持ちだし、次のような仮説を立てます。

「免疫が半分解明されたところで、あと自然治癒力が手つかずでまだ残っているというわけです。(中略)唯識で言うと「末那識(まなしき)」が「免疫」のところである。自分(自我)ということを考える「阿頼耶識(あらやしき)」の共通の生命のようなところが「自然治癒力」だろうと、私は思っている。」

ここで「末那識」と「阿頼耶識」と名付けられた2つの深層心は、五感や意識よりも深いところに位置するフロイトがいう「無意識」の領域です。「無意識」は「身体」とは区別された心の領域の深層部分であり直感の生まれる場所とされますが、帯津が説くには、「無意識」には「身体」に対して「安定」を求める作用もある―というわけです。

近代科学が踏み込んでこなかった「無意識」の世界とは、むしろ哲学や心理学が扱う分野でした。「無意識」の世界が生命体の安定維持装置としての機能を持つとする考え方は、近代科学からすれば当然荒唐無稽な考えと一刀両断に無視されるところです。ところが近年になって、第一線で活躍している科学者が、それを後押しするような理論を発表しているのです。

というのは、帯津良三のこうした仮説の背景には、たぶんノーベル化学賞のイリヤ・ブリゴジン(1917~2003)の思想があるとわたしはみています。ロシア出身のベルギーの化学者・物理学者であるブリゴジンは、非平衡熱力学の研究で知られ、晩年は中国思想に傾倒した学者でもあります。次回はそのブリゴジンの思想について紹介します。(つづく)
関連記事
スポンサーサイト