スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第119話:「経絡」の通り道(本山博の研究から)



◆経絡の通路は「真皮」にあり
本山博の研究によれば「経絡」の正体は皮膚の「真皮」にある-ことを以前に紹介しました。(「第84話:経絡の正体(本山博の研究)」を参照)
表皮の下にある「真皮」は厚さ1mmにも満たない層。その中を覗くと細胞はまばらで、弾力性のある結合組織が網目状に形成して、その間隙(すきま)に「水(体液)」が流れています。そのスポンジ状になった中に、ナトリウム、カリウム、カルシウムといったいろいろな養分がイオンの形で含まれて、各細胞に運ばれ、細胞膜を通して新陳代謝が行われているわけです。

皮膚の「真皮」、そして臓器や一つ一つの細胞を繋ぐ繊維状の「結合組織」は、共に発生学的に「中胚葉」を由来としています。故に、気の流れる所、経絡のある所というのは、中胚葉由来の真皮層内の結合組織が形成するトンネル内にあるわけです。全身をめぐるその水の流れこそが「経絡」の正体であり、流れる水の中には「気のエネルギー」が物理科学的な成分という形ではたらいていることを本山は科学的に証明したのです。

◆大事な結合組織
ここでその「結合組織」に着目してみます。
真皮層内にある網目状の結合組織とは主にコラーゲン線維(膠原線維)という蛋白質であり、その間々に保水力の強いヒアルロン酸や、粘性に富むコンドロイチン硫酸などのムコ多糖類が結合し、皮膚の張りと潤いを保っています。女性ホルモンが減少するとコラーゲンの生成に影響を与え、皮膚のたるみやシワができやすくなるので、美容のためにはコラーゲンが豊富な食材(手羽先、鶏皮、フカヒレ、牛筋など)を摂りましょうとなるわけです。

また皮膚以外のたとえば関節部位では、結合組織の中にコンドロイチン硫酸がたくさん溜まっており、関節腔の中にはヒアルロン酸が滑液中に含まれて、それらが一種の潤滑油のような役割をしています。加齢とともに膝痛や神経痛で悩むのは、こうしたムコ多糖類の生成が不足した、いわゆる油切れの状態がひとつの原因です。油が切れて結合組織が硬くなれば、そこの水の流れが悪くなり、乳酸とか尿酸という化合物が生じて神経や筋肉を刺激して痛みを生じます。よく耳にする(世田谷生まれの?)グルコサミンとはこれらコンドロイチン硫酸とヒアルロン酸の主原料となるものです。

◆「結合組織」と経絡の関係
このように「結合組織」が美容や関節痛にとって大切であることは周知の事実ですが、さらに着目すべきは、「結合組織」の状態が経絡内の気の流れにも関わっていること。というのも、「水(体液)」に含まれる様々のイオンは、その起電力に応じた電位勾配を形成して、それによってたえず「水」の流れが生じます。ところが加齢によりヒアルロン酸などが不足し結合組織がだんだん硬化をしてくると、ヒアルロン酸とかナトリウムとか水の量というのは非常に相関関係があるために、電位勾配に変化が生じて水の流れが悪くなる、つまりそのことは結合組織内を流れる「気のエネルギー」が非常に悪くなってしまうことなのです。

◆関節部が大事な理由
人間の身体は水の流れがスムーズに流れることで健康を保ち、水の流れがうまく流れないと病気になります。先人はその「水」の流れの通路を「経絡」と名付け、そこにはたらく原動力を「気のエネルギー」として捉えたのです。さらに水の通路を形成している結合組織の状態次第で水の流れが左右されることから、結合組織が多く集中している関節部が特に流れが滞りやすく、新陳代謝の行われない水が関節部に溜まりやすくなります。

そのことは、経絡においても、関節部は気の流れが滞りやすい「関所」のような部位であることを意味していますが、驚くことに、先人はそのことをすでに認識していました。
例えば足首、膝、手首、肘の関節周りには、「原穴」とか「合穴」と呼ばれる重要なツボが集中しています。鍼灸の治療で使うツボの多くは、これら関節部周辺の「原穴」とか「合穴」に集中することからも、確かにそれは頷けることです。
中国鍼灸医学の古典の『黄帝内経霊枢』の「九鍼十二原篇」によれば、
「十二原は四関より出ず。四関は五臓を主治す。」とあります。
「十二原」は12経絡の原穴のことで、「四関」は手首、足首のことです。この左右4つの関節にあるツボ(「原穴」)は五臓の病気をも治す重要なツボであるというのです。

以上のように、気のめぐりをよくし、健康を保つのに役立つ養生法としては、よく関節を動かす運動をすることであり、関節周りのツボに鍼や灸で適量な刺激を与えることがとても大切ということです。

※本山博『気・瞑想・ヨーガの健康学』名著刊行会(平成6年)
※本山博『密教ヨーガ』宗教心理出版(昭和53年)
関節の運動として「経絡体操」を提唱。ヨーガのアーサナ(姿勢法)を取り入れ。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。