スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第139話:『五行論』について



◆背景にある『五行論』◆
「キトラ古墳」の天井と壁面をみると、まず天井には北斗七星などの星座が描かれてあり、これは「道教」における「星辰信仰」という宇宙観に依拠します。さらに四方の壁面を見れば、それぞれに「四神(ししん)」を為す架空の動物が描かれてあります。「四神」とは四方の守護神のこと。東面に「青龍」、南面に「朱雀(すざく)」、西面に「白虎」、北面に「玄武」と、それぞれ壁中央に配置してあります。ちなみに『五行論』では四方に「中央」を加えて「五方」と呼び、さらに呼称についた「色」に着目すれば、青・赤(朱)・白・黒(玄)というように、中央の黄色を加えれば『五行論』における「五色」が内包されているのです。このように古代の古墳を覗いてみても、『五行論』を背景にしてすべてが構築されていることが分かります。

次に、季節の移り変わりにも『五行論』のリズムが刻み込められていることを紹介します。それは旧暦の「二十四節気」です。「立春」から始まり「大寒」で終わる合計24個の「節気」は15日毎に訪れます。その15日というのは、一日一日を「木」「火」「土」「金」「水」に配当しその最小単位の5日間を「候(こう)」と呼び、その「3候」を「節気」としているのです。旧暦は正式には「太陰太陽暦」といい、月の運行(太陰暦)と太陽の運行(太陽暦)が加味されたもの。「二十四節気」は太陽の運行(公転角度15度)に則した季節の節目ではありますが、実はそこには中国古来の『五行論』におけるリズム(木火土金水)が刻み込められているということです。

   1候=5日(木日・火日・土日・金日・水日)  節気=3候=15日
   1年=360日=24節気(15日x24)=72候(5日x72)

◆そもそも『五行論』とは
こうして中国で生まれた『五行論』は、「陰陽論」と共に天文・宗教・文化・芸術そして伝統医学である東洋医学の世界に色濃く浸透しています。
そこで今回は『五行論』について、主な特長について整理してみました。

『五行論』は、自然界のすべてが「木」「火」「土」「金」「水」の五つに分類されるという考え方です。たとえば季節であれば春夏土用秋冬、方位であれば東南中央西北、五臓であれば肝心脾肺腎、色であれば赤青黄白黒ということです。
これを一覧に表したのが「五行色体表」と呼ばれるものですが、主な項目だけを書くと次のようになります。

   【五行】 木  火  土  金  水
   【五色】 青  赤  黄  白  黒
   【五季】 春  夏  土用 秋  冬
   【五方】 東  南  中央 西  北
   【五臓】 肝  心  脾  肺  腎
   【五腑】 胆  小腸 胃  大腸 膀胱
   【五主】 筋  脈  肌肉 皮毛 骨
   【五竅】 眼  舌  口  鼻  耳

ここで注意すべきは『五行論』は単なる分類学ではないということ。大事なことは二つあって、ひとつは自然界すべてのものが絶え間なく変化し、しかも円環(もしくは五角形)運動を呈している、とする所謂「循環の思想」を意味します。
   「木」⇒「火」⇒「土」⇒「金」⇒「水」⇒「木」・・・
たとえばそこに「金」の隠喩(メタファー)が現れていたとしても、それはあくまでも循環変化のひとつの位相(フェーズ)であるということ。むしろその場合、上流側の「土」との関係性を大切にします。具体的な例をあげれば、風邪(肺金の病)を引いている患者さんには、肺機能をサポートしている胃腸(土の臓腑)の治療も同時に加える-ということがそれに該当します。

そしてもうひとつは、五つのエレメントに隠喩(メタファー)として分類しながらも、「五行色体表」の縦列に示す項目に着目します。そこで一見関係性のない項目同志に「意味的連関」を見出すことを重んじること。それが『五行論』における最大の特長となっています。たとえば、「肝」虚証の人は、「春」に体調を崩しやすく、「眼」が疲れやすく、「筋」肉が疲労しやすい・・などと繋がるのです。しかも大半のことが不思議なくらいにぴったり整合性を示します。したがって、逆に「眼」が疲れやすい人であれば、「肝」虚証ではないか、他に「筋」肉も疲労しやすいのでは・・と問診しながら診察を進めることができるのです。

◆『五行論』は迷信にあらず
鍼灸の学校教育を振りかえると、『五行論』といえば「五行色体表」を教えて終わりという傾向にありました。「五行色体表」を丸暗記した学生であれば、たぶん『五行論』は古色蒼然とした分類学にすぎないと思いがち。そうなると、当然にして『五行論』は迷信あつかいされてしまうのです。

しかし先に説明したように、『五行論』とは、自然界の「循環の思想」であり、または自然界を横断する「意味的連関」に眼差しをおいた独特の思考法であります。
人の身体と心が、まるごと自然界の一員であるとするのが東洋思想の根幹とするならば、眼とか耳などの身体の部位も、臓器も、気持ちのあり様も、季節のうつろいも、口にする食べ物も、それぞれが呈する位相(フェーズ)間には、意味をもって繋がっているというのは、ごくごく自然なこと。そうした眼差しを提示してくれる思考法が、当に『五行論』だということです。(了)

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。