スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第144話:「六角形」の経絡ネットワーク(1/2)



◆「十二角形」の「円環図」◆
第141話で紹介した「子午流注」の円環図は、12本の経絡を「十二辰刻」に合わせたものでした。これは円環というよりむしろ「十二角形」といってもよいものです。
そこに規則性があるとすれば、「手の経絡」と「足の経絡」が「手⇒手⇒足⇒足⇒・・・」、
また「陰経絡」と「陽経絡」が「⇒陽⇒陽⇒⇒・・・」という順番で並んでいること。さらには180度で向き合う経絡同志が「子午軸」と呼ぶ特別な関係にあるということでした。

 ①肺経[手]⇒②大腸経[手]⇒③胃経[足]⇒④脾経[足]⇒
 ⑤心経[手]⇒⑥小腸経[手]⇒⑦膀胱経[足]⇒⑧腎経[足]⇒
 ⑨心包経[手]⇒⑩三焦経[手]⇒⑪胆経[足]⇒⑫肝経[足]⇒

◆「十二角形」から「六角形」へ
この「十二角形」を、試しに陰経絡を内側の「六角形」にし、同時に陽経絡を外側の「六角形」になるように並び替えてみたのが上の図です。少し見づらいかもしれませんが、青い矢印に沿って①肺経から⑫肝経と流注は続いています。

この「六角形」に作り替えてみたのはもう10年前のこと。ちょっとした試みが、実は意外な発見をもたらします。「子午流注」を2重の「六角形」にしただけで、たとえば陰陽の位相を表す「三陰三陽」とか、臓腑間の「表裏」が、実にシステマティックに配列されていることにまずは驚かされます。それと最も大事な要点としては、経絡間の関係性、所謂「経絡ネットワーク」の全貌が、この「六角形」を通すとはっきりと見えてくるのです。
そこで今回は、この「六角形」が意味する「経絡ネットワーク」の全貌と臨床でどう活用するのかを紹介してみます。

◆「六角形」の3つの【台形】
この六角形は、見方をかえると4つの経絡で結ばれた【台形】が3個、120°の角度で放射状に配置しているように見えます。これらの【台形】を流注の順番から、仮に【台形A】【台形B】【台形C】とします。

 【台形A】:①肺経[太陰]⇒②大腸経[陽明]⇒
  ⇒③胃経[陽明]⇒④脾経[太陰]
 【台形B】:⑤心経[少陰]⇒⑥小腸経[太陽]⇒
  ⇒⑦膀胱経[太陽]⇒⑧腎経[少陰]
 【台形C】:⑨心包経[厥陰]⇒⑩三焦経[少陽]⇒
  ⇒⑪胆経[少陽]⇒⑫肝経[厥陰]

これらの【台形】は共通した要素で構成されています。上辺(短辺)の両端は陰経絡の同一「三陰」同志が並び、そして下辺(長辺)の両端は陽経絡の同一「三陽」同志が並んでいます。さらに上下端は、陰経絡と陽経絡がちょうど表裏の関係になっています。さらに流注の特徴としては、陰経絡同志は直接繋がらず、ふたつの陽経絡を間に挟んで間接的に繋がっているということです。

たとえばこれを【台形A】を使って説明すると、上辺両端は「肺経」と「脾経」で、共に陰経絡の「太陰」に属します。そして下辺両端は「大腸経」と「胃経」で、共に陽経絡の「陽明」に属します。さらに上下端の、「肺経」⇔「大腸経」と「脾経」⇔「胃経」は表裏の関係になります。さらに流注の特徴としては、「肺経」と「脾経」は直接繋がってはおらず、「大腸経」と「胃経」の陽経絡を間に挟んで間接的に繋がっています。

◆対角線上の関係
次に、六角形の対角線に注目すれば、「肺経」⇔「腎経」、「脾経」⇔「心包経」、「心経」⇔「肝経」の3つの組み合わせがありますが、不思議なことに、この対角同志の「経絡」間には次のような特徴があります。

(a) 2組の対角に「母子」の関係あり
 肺経 (母)⇔ 腎経(子)
 心包経(母)⇔ 脾経(子)
(b) 2組の対角には「奇経」の関係あり
 内関(心包経)陰維脈 ⇔ 公孫(脾経)陰蹻脈
 列缺(肺経) 任脈  ⇔ 照海(腎経)衝脈
(c) すべての対角には「子午軸」が隠されている
 「肺経」の「子午軸」は、対角の「腎経」の裏である「膀胱経」
 「脾経」の「子午軸」は、対角の「心包経」の裏である「三焦経」
 「心経」の「子午軸」は、対角の「肝経」の裏である「胆経」
 「腎経」の「子午軸」は、対角の「肺経」の裏である「大腸経」
 「心包経」の「子午軸」は、対角の「脾経」の裏である「胃経」
 「肝経」の「子午軸」は、対角の「心経」の裏である「小腸経」

以上が「六角形」が意味する「経絡ネットワーク」の全貌です。これらを臨床でどう生かすかは次回説明します。(つづく)


※「三陰三陽」について
「三陰」には太陰・少陰・厥陰があり、「三陽」には陽明・太陽・少陽がある。これらは陰陽の位相変化を表している。これらに足の経絡と手の経絡が次のように配当される。
◎「三陰」の陰経絡    
  太陰:①肺経[手]+④脾経[足]  
  少陰:⑤心経[手]+⑧腎経[足]  
  厥陰:⑨心包経[手]+⑫肝経[足] 
◎「三陽」の陽経絡
  陽明:②大腸経[手]+③胃経[足]
  太陽:⑥小腸経[手]+⑦膀胱経[足])
  少陽:⑩三焦経[手]+⑪胆経[足]

※「表裏」について
臓は陰で裏、腑は陽で表として、臓腑間には表裏の関係が次のようにある。
  ①肺経[裏]⇔②大腸経[表]
  ④脾経[裏]⇔③胃経[表]
  ⑤心経[裏]⇔⑥小腸経[表]
  ⑧腎経[裏]⇔⑦膀胱経[表]
  ⑨心包経[裏]⇔⑩三焦経[表]
  ⑫肝経[裏]⇔⑪胆経[表]

※「奇経」について
病症が慢性域に入ると、反応する経絡がバイパスラインに移行する。
そのバイパスにあたる特殊な経絡を「奇経」8脈という。
病症に応じて奇経2脈(合計4組)の組み合わせで2穴治療ができる。
  陰維脈:内関(心包経)⇔ 陰蹻脈:公孫(脾経)
  任脈:列缺(肺経)  ⇔ 衝脈:照海(腎経)
  陽維脈:外関(三焦経)⇔ 帯脈:臨泣(胆経)
  督脈:後谿(小腸経) ⇔ 陽蹻脈:申脈(膀胱経)

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。