FC2ブログ

第149話:「華陀夾脊穴」について(1/2)



◆はじめに
脊柱(脊椎)を挟み込むような位置に、左右一対ずつの「華陀夾脊穴(かだ・きょうせきけつ)」というツボがあります。成書には「第1胸椎から第5腰椎までで、それぞれの棘突起(きょくとっき)の下、両側に0.5寸離れた位置にあり、左右各々、胸椎の傍(胸夾脊)に12穴、腰椎の傍(腰夾脊)に5穴、合計17穴」とあります。
ここで「棘突起の下」とは脊椎間の谷間(凹部)のこと。骨度法(古代のヒューマンスケール)によれば(患者さんの)親指の幅が「1寸」とするので、両側「0.5寸」とは脊椎間の谷間から約1センチの位置になります。

ツボ名に冠した「華佗(かだ)」とは後漢末に活躍した名医です。漢薬や針灸には非凡な才能を示し、問診もせずに病気の原因を突きとめ、ときに「麻沸散(まふつさん)」という麻酔薬を使って外科手術をし、または「五禽戯(ごきんぎ)」という導引術(今でいう体操法)を考案したとされる人物です。また『三国志』では、魏の曹操の治療を断ったとする罪で捕らえられ、ついには獄死と記されるように、華佗は体制に与(くみ)しない孤高の名医としても描かれています。

この「華陀夾脊穴」(以下「華佗穴」)は、名医「華佗」の名を冠することからも、歴代の医家たちが「華佗穴」を特別重要なツボとして扱ってきたことは明らかです。
そこで今回は、関連する古典の文献、近代の治療家による捉え方、さらに、わたしなりの使い方などを織り交ぜながら、「華陀穴」の魅力に迫ってみます。

◆古典の『素問』では
「華陀穴」について初めて触れた文献は『黄帝内経・素問(こうていだいけい・そもん)』の繆刺論篇(びゅうしろんへん)にあります。
その内容は「邪気が太陽経の絡(背中を走る膀胱経)に宿ると、痙攣を起こして背中が引きつれ脇に響いて痛む。そのときは大椎から下の位置で、背骨の両傍を強く押さえて痛む箇所にツボを取り、これを三刺する」と記載しています。

これは現代で言えば、「ぎっくり背中」や「ぎっくり腰」に該当する筋性疾患に効くツボであると解釈できます。ちなみに唐代の医学書『千金要方』においても、「華陀穴」は「転筋(こむらがえり)」に効くとされ、これも筋肉のこわばりの症状になります。
つまり、「華陀穴」とは総じて筋肉がこわばるような疾患、しかも(下肢も含めた)背部の膀胱経上に現れた筋性疾患に適用するツボであると考えられます。

◆実際の取穴法
では実際の取穴法を説明します。先に述べたように「華陀穴」は複数のツボ群です。当該症状を治療するためには、症状を最も改善できるツボを、そのゾーンから、いかに正確に捉えるかがポイントになります。「指の極性」を応用したわたし流の取穴法を基に、以下の各疾患についての手順をまとめてみました。

【頸痛の場合】:
これは、朝起きると頸が回らない「寝違い(落枕)」などの頸痛のケースです。
ベッドに側臥位(患部を上)で寝てもらいます。
頸椎の周辺を慎重に押して痛い処を探します。往々にして頸椎の横突起辺りに圧痛を伴う凝りを確認できます。確認できたらそこに印をつけます。
右手の第2第3指の指腹でその印をした箇所を軽くゆすります。ゆすると痛いことを患者さんに必ず確認します。
左手のN指(第3指)の指尖を、周辺の任意の「華陀穴」にゆっくりスライドさせて、同時に触診している右手の第2第3指の指腹で感じる凝りが「ストン」と弛む箇所を探します。
「ストン」と弛むと同時に、患者さん側も痛くなくなることを確認します。
そこが治療すべきツボ「華陀穴」の位置となります。
尚、頸痛につかう「華陀穴」は、胸椎の1番から4番辺りのいずれかの胸夾脊にあります。
《参照》⇒第167話:患部の近位取穴法(頸痛編)

【背筋痛の場合】:
これは、背骨の両側にある脊柱起立筋や、肩甲骨の内側にある菱形筋などを傷めた、所謂「ぎっくり背中」のケースです。
ベッドに側臥位(患部を上)で寝てもらいます。
痛いという患部を確認します。そこに印をつけます。尚、痛い姿勢をさせて痛みを再現させると患部の位置がより正確に把握できます。
右手の第2第3指の指腹で、印をした箇所を(筋線維と直角方向に)軽くゆすり、ゆすると痛いことを患者さんに必ず確認します。
左手のN指(第3指)の指尖で、胸夾脊の任意の「華陀穴」をスライドさせて、同時に触診している右手の第2第3指の指腹で感じる凝りが「ストン」と弛む箇所を探します。
「ストン」と弛むと同時に、患者さん側も痛くなくなることを確認します。
そこが治療すべきツボ「華陀穴」の位置になります。
尚、背筋痛につかう「華陀穴」は、患部から斜め上方にある胸夾脊にあります。

【腰痛の場合】:
これは、腰椎周囲の筋肉、腸骨稜上部の筋肉、仙腸関節周りの筋肉などを傷めた、所謂「ぎっくり腰」のケースです。
ベッドに側臥位(患部を上)で寝てもらいます。
痛いという患部を確認します。そこに印をつけます。尚、痛い姿勢をさせて痛みを再現させるか、立位で正常な姿勢に戻してあげると、患部の位置がより正確に把握できます。
右手の第2第3指の指腹で、印をした箇所を(筋線維と直角方向に)軽くゆすり、ゆすると痛いことを患者さんに必ず確認します。
左手のN指(第3指)の指尖で、腰夾脊の任意の「華陀穴」をスライドさせて、同時に触診している右手の第2第3指の指腹で感じる凝りが「ストン」と弛む箇所を探します。
「ストン」と弛むと同時に、患者さん側も痛くなくなることを確認します。
そこが治療すべきツボ「華陀穴」の位置になります。
尚、腰痛につかう「華陀穴」は、患部から斜め上方にある腰夾脊にあります。
《参照》⇒第166話:患部の近位取穴法(腰痛編)

◆「華陀穴」への治療法と効果の確認
取穴した「華陀穴」には刺鍼か施灸を選びます。
刺鍼の場合は、1センチぐらいの刺入で雀啄して少し響かせます。施灸の場合は透熱灸を5~7壮据えます。
治療後、患部がゆすっても痛くないかを確認します。腰痛の場合は、立位になってもらい骨盤(前傾や後傾)や背骨(左傾や右傾)の変位が是正されているかを確認します。

◆「華陀穴」の特長
「華陀穴」はシャープな効き目を呈するという実感を持っています。特に筋肉の表層部というより、筋肉の深層部や、さらに靭帯レベルに達するような感触を得ています。
したがって、正確な取穴と適量な刺激量を得られれば、靭帯レベルの緊張を弛めることによって、背骨や骨盤の歪みまでが正常に戻すことができます。
また刺鍼の安全性も期待できます。特に背筋痛のように、患部が胸背部であると、鍼の深刺しは気胸を起こす危険があります。その点、患部に刺鍼することなく、華佗穴に刺鍼することで痛みがとれれば、そうした医療事故を起こさずに済みます。

次回は経絡病から臓腑病への使い方について説明します。(つづく)


※『黄帝内経・素問』の繆刺論篇「華佗夾脊穴」の行
「邪客於足太陽之絡、令人拘攣背急引脇而痛、
刺之従項始数脊椎夾脊疾按之應手如痛刺之傍三■立巳」

※「指の極性」を使った取穴法について
参照記事⇒「第46話:磁石と指の極性による触診技術」
参照記事⇒「第103話:患部の近位取穴法」
関連記事
スポンサーサイト