FC2ブログ

‘16 今年もよろしくお願い申し上げます



あけまして おめでとうございます

見えるものを追いかけるのに忙しすぎた私たちには
水木しげる翁の『目に見えないものを信じる』ことと
星の王子さまの『大切なものは見えない』ことは
とても心にひびく言葉になっています。

人と人の間に流れる「気」 人と自然の間に流れる「気」
身体の中に流れる「気」などは見えない大切なもの。

今年も よい「気」が流れますように。
   2016年 元旦


※年賀状の追記:17才の誕生日に、とある女性から『星の王子さま』をプレゼントされたのですが、気持ちの居処が定まらぬ少年のわたしには「童話なんて」という反発もあってか、以後ずっと読むこともなく、しまいには本の所在がわからなくなると同時に、わたしといえばごくごく普通の大人になっていました。
それが昨年のこと、サン・テクジュペリ没後70年に便乗して、新訳の数冊(ブックオフではどれもが新品で108円!)を読んでみました。そこでわかったのが『星の王子さま』は子供向けの「童話」ではなくて、あくまでも大人が読むための「小説」だということでした。まさに45年越しの誕生日プレゼントの意味を、遅ればせながらも味わうことになりました。
それともうひとつ。賀状を読んでくださったAさんから「バオバブの木をシンガポールの植物園でみつけ、これだ!と思った」という嬉しいメールをいただきました。

関連記事
スポンサーサイト