スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第156話:Aさんと俳句



◆ある出張治療で
介護付き老人ホームに入居されているAさん(92歳)は膝関節に拘縮があり、歩行がおぼつかないということで、ご親族から出張治療の依頼を受けました。閑静な住宅街にある施設の一室は、トイレ付きの8畳ほどの個室、Aさんはひながベッドに横になっていました。

窓からみえる景色は、近隣の住宅に囲まれた殺風景な緑のない空間。午後ともなれば西日が射すからといってカーテンを引いてしまうとか。俳句をたしなむというAさんにとって、季節の移ろいを映さない窓は何の意味をなさないかのようです。それでも愚痴ひとつ口にすることもなく穏やかに話をされます。ここを終の棲家と決めたかのような静かな覚悟さえ感じられます。

治療しながらの会話で、ちょっと気になることがありました。
かつては新聞の俳壇によく投句されていたのが、最近は俳句をつくっていないという一言でした。ならば、俳句の創作に向かう「元気」をなんとかアシストしようと思い立ちました。お灸を中心とする治療のテーマは、関節周囲を和らげるのはもちろんのこと、腎を補い(補腎)、元気を培う(培元気)ことです。そうした40分ほどの治療を終え、「また以前のように俳句をつくられるといいですね」と別れしなに声をかけることがいつもの挨拶になっていました。

◆ひとつの俳句から
こうして週に1度の治療を続け、そろそろ桜の開花が待たれる3月中旬のある日です。「俳句を作りました」と嬉しそうに語るAさんが、作ったばかりの一句をゆっくりとそらんじながらわたしに教えてくれたのです。

納骨の済みし安堵や 黄水仙

5年前まで住んでいた福島のお墓を東京に移すことになり、やっと新しいお墓が完成したのです。その墓参の帰り、立ち寄ったレストランで食事をとったときに、中庭にふと目をやると、黄色い水仙が咲いていたそうです。なるほど、この俳句からは安堵の気持ちに寄り添う黄水仙の情景が見事に浮かんできます。
嬉しそうに話されるAさんは、久々に外出ができた喜びもさることながら、こうして俳句の話をされるときが一番お元気にみえました。

◆故郷を遠くのがれて
ただ、ここでどうしてもつけ加えたいことがあります。この俳句には、さらに深い意味があったのです。
それは、Aさんが東日本大震災によって未だ故郷に帰ることができない避難者17万1千人のおひとりだということです。しかも、東京電力福島第1原発から20キロ圏内に一人で生活されていました。Aさんの自宅は、国が指定した「避難指示区域」の中でも最もシビアな「帰還困難区域」にあります。生まれ育った人口7千人ほどの町は全町避難を強いられ、今でも県内に約4千人、県外に約3千人が離散したままの状況にあります。

震災のあった3月11日の夕方、Aさんは自衛隊のヘリで救出され、その後病院を転々と移動させられ、ようやく東京の親族に身を寄せました。この5年間は、まさに流浪の民を強いられる中で、足が弱り車椅子の生活となりました。放射能に汚染された自宅にはもう2度と帰れないと判断し、ついには今のホームを終の棲家と決めたのだそうです。

自宅への一時帰還の許可が下りたときは、親族が代わりに自宅に入り、限られた時間のなかで、仏壇にあった位牌を持ち帰ったそうです。先祖代々が祀られた菩提寺のお墓には、もちろん立ち入ることはできません。ですから、今回の「納骨」とは、正確には東京の地に新たにお墓を求め、そこに位牌を納めたという事情があったのです。

離散せし 家族の如く飛ぶ蛍
故郷を遠くのがれて 月おぼろ

ほかの俳句もいくつか教えていただきました。その折々の俳句は、まさにAさんの人生そのものです。これからも、俳句をつくることが生きる力につながり、やっと得られた終の棲家で、静かな余生を過ごされることを、ただ願うだけです。(了)
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。