‘17 今年もよろしくお願い申し上げます



あけましておめでとうございます。

2012年から始めた『安神堂の慎思録』をいつも読んでいただきありがとうございます。

これまで書いてきた記事のなかで、特に東洋医学以外の記事を振りかえると、茨木のり子、世阿弥、梁塵秘抄(後白河上皇)、斎藤史、岡倉天心、幸田露伴、夏目漱石、網野善彦、シュタイナー、ユング、中沢新一、井筒俊彦、森敦、宮沢賢治などをとりあげてきました。それと、歴史については、東アジアの古代史と近代史、宗教については仏教・道教・儒教のほか神道や修験道など、いずれもが、個人的に興味があるものを選んで書いてきたものです。

わたしは本を読むことは好きです。ただ、若いときのような乱読する勢いはなくなったとはいえ、最近では、きわめて選択的に多読した上で、それが気が合う本となれば何度も繰り返して読むようになってきました。

「東洋医学」に直接関係ないものでも、多読を繰り返していくと、いつの日か、それぞれの情報と情報が突然繋がり、自分の世界の中で編集されていくという楽しみを何度か味わっております。元々、思想や文化の成り立ちは先人たちの情報の編集作業によってなされてきたと松岡正剛は論じていますが、読書という個人的な営みの中にも、情報の編集作業という醍醐味は享受できるものであると認識しています。

そもそも、東洋思想自体が「仏教」「道教」「儒教」などによる重層構造で成立している歴史的背景を考慮するならば、一見逆引きに似た読書のアプローチは、先人が担ってきた情報の編集作業のあらましを体感することにもなると思っております。
もちろん、東洋思想と直結した治療についての身体性の記録も、随時書き留めていきます。
今年もかわることなく、あくまでも好奇心の流れに掉さして、きわめて直観の赴くままに、先人の智慧の海へと航海を続けてまいります。(了)
関連記事
スポンサーサイト