FC2ブログ

第173話:アンテナが敏感な方のためのツボ(2/2)

◆霊性に関わる経絡とツボ:
宗教学者・山折哲雄が「人間には誰であれ、心や精神に関心をむける『心的な世界』と、『霊的な世界』のふたつを内蔵している。」との見解を以前に紹介しました。  ※参照:第99話:背中のツボでみえるもの
ここで『心的な世界』とは、日常生活のなかで自我とか自己とかの名で呼ばれる「発信器」のような光を発して現実世界に応答するという通常の精神活動です。一方「霊的な世界」とは、人間の奥深いところに隠されて、見知らぬ世界に敏感に反応するいわば「受信器」のようなもので、ひとたび生命の危険とか異常な事件に出くわすと突然霊感的なものに応答する世界のことです。

前回述べた、アンテナが敏感な方がもつ受信能力の反応系である「霊性」とは、当にこの「霊的な世界」を意味しています。
ならば、この「霊性」に対応して受信器のようにはたらく経絡とツボが当然存在するはずです。多くの「アンテナが敏感な方」を観察したところ、経絡は「心包経」であり、ツボは「霊台」を代表とする「霊」の付く経穴群、および「魂」「魄」の付く経穴であるとするのが、わたしの結論です。

「心包経」は実体のない臓器「心包」に関わる経絡です。心包が「心臓を取り囲む外堀のような」と形容されるのは、直接に心臓が侵襲されないように言わば「盾」の役割があるからです。つまり霊的な刺激をまずは「心包」で受け止めると解釈すれば、関連経絡である「心包経」が反応するのも当然と考えられるのです。
実際、FMテストでの経絡診断で「心包虚」の反応を確認できます。ただ、通常の「心包虚」では右の「内関」穴に反応がでるところ、「アンテナが敏感な方」が霊的な刺激を受けているときには、後述する右の「郄門(げきもん)」穴に反応するのが特徴です。
「霊」の付く経穴群に関しては、「霊台考」で述べた通りです。特に「霊台」は当に「背中の眼」のように顕著な反応を示すツボです。  ※参照:第39話:「霊台」考(その3)
次に、実際の治療穴について写真を交えて説明します。

◆仰臥位の配穴
右の郄門+左の蠡溝+檀中
s_saiyou470 (1)

上の写真は仰臥位で3穴に治療している様子です。患者さんの右前腕中央にある「郄門(げきもん)」穴に金製の鍉針、次に左足の内側で脛骨中央の溝上に位置する「蠡溝(れいこう)」穴に銀製の鍉針、そして胸の中央にある「檀中(だんちゅう)」穴に銀製の鍉針を、それぞれテープで固定して置鍼をしています。

主たる経絡(「主経」といいます。)は心包経です。その要穴として選んだのが郄穴(げきけつ)の「郄門」。沢田流によれば「郄穴は急性病の治療点」と指摘されていますが、この場合は、杉山勲がかつて「郄穴は暦の変わり目に反応しやすい」と指摘した点に着目します。というのは「暦の変わり目」というほどめったに反応するものではなく、まさに「郄穴は非常時に反応するツボである」と実感しています。

次のツボが肝経の「蠡溝(れいこう)」穴。肝経を選んだのは、肝経は心包経の五行相生関係による母経であり、同陰関係(共に厥陰経)にあるからです。そのなかで「蠡溝」はFMテストで反応を確認できることによりますが、文献を探せば、「郄門」と「蠡溝」の二穴は平田内臓吉(1901~1945)が考案した「平田氏帯」における同一帯にあるということ。また右―左の「タスキ掛け」の配穴にしたのは間中良雄(1901~1945)のイオンパンピングの配穴法を参考。つまり心包経の反応穴である気海穴と檀中穴など、任脈上(正中線上)の圧痛を消滅させるには「タスキ掛け」の配穴が有効とされているからです。

最後に胸中央、任脈上の「檀中(だんちゅう)」穴は、心包経の募穴(ぼけつ)にあたります。さらには、本山博によれば、檀中は密教ヨーガでは「心臓のチャクラ=アナハタチャクラ」に該当すると指摘しています。アンテナ敏感な人は総じて「アナハタチャクラ」が反応しています。本山の指摘は、ツボが経絡上の反応系を示すだけではなく、おそらく異なる位相の反応系にも通ずることを示唆しているものと考えられます。

◆伏臥位の配穴
刺鍼(浅刺置鍼):厥陰兪、肝兪、腎兪(以上背部/膀胱1行)、承霊(頭部/胆経)
透熱灸(灸点紙):命門、緊縮、霊台、th4/5(以上背部中央/督脈)
        この順番(下から上)で施灸する。
透熱灸(灸点紙):魄戸、魂門 (以上背部/膀胱2行)  
        この順番(上から下)で施灸する。

s_saiyou0476 (1)

厥-肝-腎の背兪穴を選びます。まずは主経の心包系としての厥陰兪。その母経(肝経)、そのまた母経(腎経)としての肝兪、腎兪を配穴。さらに背兪穴中央の督脈穴であるth4/5(無名穴)、緊縮、命門を加えます。
以上のツボに、「第99話:背中のツボでみえるもの」で論究した「霊的な世界」に通じるツボとして承霊、霊台、魄戸、魂門を配穴します。
背兪穴と頭部の承霊のみ刺鍼、他は灸点紙による透熱灸。施灸の順番は経絡の走行に順じます。(了)

※注:文中の「檀中」の「檀」の字は正確には「きへん」ではなく「にくづき」です。
関連記事
スポンサーサイト