FC2ブログ

第175話:治療家の「受信感覚」(2/2)



◆五感の先にある深層意識:
鍼灸治療の診察法としては、わたしの場合「問診」と「触診」に最も重点を置きます。問診においては、患者さんの話を分析しながら、そこに露見する顔色とか声質などを大切な情報として受取ります。またFMテストなどの触診においては、患者さんの筋肉やツボにやさしく触れながら、指先に伝わってくる感触から大切な身体情報へと翻訳していきます。こうしたFace to Faceの関係に加え、身体に直に触れて会話をするという「気の交流」ともいうべき空間は、鍼灸治療ならではの独特の世界といえます。

そこで治療家に求められるものは何かとすれば、技術的なノウハウ云々はもちろんのことですが、むしろ患者さんと対峙したときの受信感覚だといえます。つまりそれは、五感を最大限に開放して「あなたの身体情報をすべて受け取りますよ」という感覚(イメージ)をもつこと。さらには、五感の先に患者さんの深層意識へ向かう眼差しを維持することだと理解しています。

◆山伏の世界との符合
こうした受信感覚について、ぜひ紹介したいのが山岳信仰における修験、所謂「山伏」の世界です。かつて、山伏は里に定住して、山に入れば神仏と交流することで自然の特別な験力を身につけ、里に下れば民衆への加持祈祷などのほか、民衆の精神的な救済として病気直しやカウンセラーとして活躍していた時代がありました。
山中を駆け上りながら「懺悔、懺悔、六根清浄」と掛け声を挙げます。「懺悔(さんげ)」は煩悩を払い心の中をリセットする意味であり、「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」とは、六根つまり五感に通ずる感覚器を清浄(クリア)にし、大自然に対峙して受信感覚(アンテナ)を全開にする意味になります。

東洋医学では、患者さんの身体をまるごと一つの「自然(=小宇宙)」とみなして診るという営みになりますが、それはちょうど山岳信仰における山伏が「自然(=大宇宙)」に対峙する姿に符合します。さらにいえば、五感を全開にして患者さんの深層意識へとアプローチする構図は、山伏が「六根清浄」と唱えて五感を全開にして大自然を育む神仏と交流することにも符合します。

そうした「山伏の世界」を象徴する言葉をご存知でしょうか。それが出羽三山の山伏(羽黒修験)に今でも残る「受けたもう!」という言葉です。先達がいう言葉に、山伏は「受けたもう!」と言葉を返して無条件の「受容のこころ」を示します。この精神は先達と山伏の関係だけに留まらず、山伏が山中を駆け巡り大自然と対峙する際の「受けたもう!」とする「受容のこころ」でもあるのです。一方、治療家が患者さんを前にして「あなたの身体情報をすべて受け取りますよ」という感覚(イメージ)をもつことも、山伏が発する「受けたもう!」の精神に共通していると思わざるを得ないのです。

◆受信感覚を養うための坐禅
昨年夏に出羽三山での「山の行」に短期間ながら参加しました。山に入れば感覚は鋭敏になり、山から「ちから」をいただいて元気になれることを体験しました。治療家の受信感覚を養うには、山という大自然の「いのち」に触れ、共に「いのち」を共有する感覚や体験をすることがとても大切であると気づかされたものです。
とはいえ、都会のなかの普段の生活では自然と触れ合うことはままならないものです。

そこで、山伏が「懺悔、懺悔、六根清浄」と唱えながらの行を、治療家の日常生活の中でなんとかできないものだろうかと考えたのが、普段からの瑜伽行(ゆがぎょう=ヨーガ)つまり坐禅をすることでした。
坐禅の実践によって、心の中からすべての汚れが払拭されて清らかに成りきった心「懺悔」の境地に至ります。
さらには、感覚を鎮めて外部からの情報を遮断し、感覚器を受動的なはたらきからむしろ能動的なはたらきへとシフトチェンジして「六根清浄」の境地を臨みます。ちなみに仏教の唯識思想によれば「六根」の「根」は感覚器官のことで、サンスクリット語では「インドリア」といい「力あるもの」という意味をもっています。
参禅することで、たとえば「見える」から「見る」、「聴こえる」から「聴く」というように、力ある能動的な感覚器官を取り戻すことによって表層意識を鎮めて、ついには深層意識への道筋をつけるという効果があると考えています。

坐禅の先生が参禅の目的について次のように話されたことがあります。
「人がもつ力にはアクティビティーとキャパシティーの二つがあるが、坐禅をすることで養えるのは後者のキャパシティーである。」
ここで「アクティビティー」は発信する力とすれば、「キャパシティー」は受信する力、いわば自然(人)に対峙する際の「懐の深さ」「受容する力」といえるものです。したがって坐禅をすることは、都会に居ながらにして「受けたもう!」の精神が養えると考えられます。

以上のように、治療家の受信感覚を養うために、私の場合はなるべく坐禅を心掛けているわけですが、それが普遍的なメソッドであるとは思ってはいません。自分に合うメソッドが当然あるでしょう。いずれにしましても、受信感覚を養うことは一朝一夕で得られるものではなく、それは日々の「行」によって得られるものであることは間違いないと考えます。(了)
関連記事
スポンサーサイト