FC2ブログ

第180話: QOL(生活の質)としての鍼灸



たとえば30分という一定時間であっても、楽しいことをした30分であればあっという間に過ぎ、逆に苦しいことをした30分であれば長~く感じるものです。時間には、一定のリズムで流れてゆく「量的時間(クロノス)」があれば、時には短くも長くも感じてしまう、心が介在する「質的時間(カイロス)」もあるよ、と教えてくれたのは哲学者のアンリ・ベルクソンでした。

ここでガンの終末期の患者さんを想像してみてください。終末期の患者さんは、残された「量的時間」を前にして苦しくも不安なのです。患者さんのご家族から、鍼灸でいくらかでも痛みを和らげてほしいとの依頼がありました。治療すると「身体が楽になった」と喜ばれました。楽になった時間がたとえ半日という短い時間だったとしても、健康な人の半日とは明らかに質が違うと、患者さんの緩んだ頬がそう教えてくれます。

終末期の患者さんに対する鍼灸治療の目的は、と問われれば、もちろん「治す」ことではなく、残された「量的時間」を少しでも良質な「質的時間」に代えることだと答えます。
よく「QOL(Quality Of Life)」と言いますが、ベルクソン流に言えば、それは「QOT(Quality Of Time)」と言えるのかもしれません。

ここ数年、数は少ないのですが、末期のガンの患者さんの治療を頼まれます。自宅での治療がほとんどです。まだまだ病院担当医の理解が得られず、入院先の病室で治療することはなかなか難しいのが現状です。過去に一度許可を出してくれた病院がありましたが、火を使うお灸はダメとのことで、その場合は鍼だけで治療を施しました。

末期の患者さんは、抗がん剤や放射線治療を選ぶ方と、すべての化学療法を選ばない方に分けられます。後者は終末期を穏かにソフトランディングすることを患者さん自らが選んでいるケースですが、わたしの経験では、そうしたケースに「QOL」としての鍼灸を施すと、より効果が発揮できる感触を持っています。

最近問題になっているのが、80代になってからのガンの発症が増えていることです。しかも高齢者の治療ガイドラインが、実は未整備の状態だそうで、現場の医師の裁量にまかせられているために混乱を生じやすいことを、昨年、朝日新聞が採り上げていました。高齢者は体力と免疫力が低下しているため、攻撃的な化学療法を扱うことはより慎重になります。場合によっては、何もしないという選択の基に終末医療を施すこともあるわけです。今後、ガンの高齢化が進む状況下での終末医療の在り方を考える際に、ぜひそこに「QOL」としての鍼灸を保健医療の中に加えてもらえればと願っています。(了)
関連記事
スポンサーサイト