FC2ブログ

第190話:船箪笥の本(その2)

~小泉和子著『船箪笥の研究』~



◆『船箪笥の研究』
柳宗悦の『船箪笥』に続いて紹介したいのが、小泉和子の『船箪笥の研究』(2011年刊)です。著者の小泉和子は元京都女子大教授で、現在大田区鵜の木にある「昭和のくらし博物館」の館長。家具の歴史についての著作が多く、傍らで「家具道具室内史学会」を主宰。最近の話題では、アニメ映画『この世界の片隅に』の時代考証にも関わっています。

この本は学術書の体裁をとりながらも、船箪笥の歴史や、三大産地(福井の三国・佐渡の小木・庄内の酒田)のそれぞれの特徴を分かりやすく解説。なかでも、我がふるさと酒田の船箪笥の項を読むと、その歴史の全貌を知ると共に、幕末から明治後半にかけて活躍した高度な技術をもった酒田の職人たちの姿が、失われてしまった文化と共に浮かんできます。

◆酒田の船箪笥の特徴
この本から、酒田の船箪笥の特徴を拾ってみます。
酒田の船箪笥は主に欅製で、側板の接合部(ほぞ組)は、複雑な「天秤蟻(てんびん・あり)」を採用。これは酒田の木工で非常に使われる精密な技法です。金具は銅や真鍮を使い、その装飾技法は絵様刳形(えようくりがた)と呼び、絵様曲線に刳って作る抽象的な図柄を装飾する技法です。これらの技法を凝らした酒田の船箪笥は「作りが丁寧である」「意匠的に派手でなく、技術的に高度である」「堅牢に作られている」などの形容が連なるほどに高く評価されています。

◆酒田湊の特殊性
他の産地(三国や小木)と比べて大きく違う点は、船箪笥だけを専門に製造していたわけではないこと。そもそも酒田は箪笥・指物類全体にわたり盛んに製造されてきた地域であったこと。しかも、幕末に始まった船箪笥の技術が、しだいに帳箪笥(帳面類を納める箪笥)や衣装箪笥までの箪笥指物全体にまで影響を与え、ついには「酒田箪笥」全体の水準をあげたという経緯を辿ってきたのです。

酒田湊の歴史からも次のように解説しています。
7世紀後半に目を落とすと、1672(寛文12)年からの上方と結ぶ西廻り航路、さらには18世紀後半、1799(寛政11)年からの東蝦夷地と結ぶ北前船の運行により、海運が一層発展した酒田は、すでに東北地方一帯の経済的・文化的中心都市となっていた。したがって、市域内での箪笥・指物関係の需要が極めて大きいため、わざわざ廻船相手の需要を開拓して船箪笥だけを作る必要がなかった。よって、船箪笥は商品生産ではなく注文生産が主となり、職人と買い手が直接交渉するため、丁寧でよい仕事をするようになったというのです。
そのことが、前述の「技術的に高度で堅牢に作られている」土壌を作ったというわけです。ちなみに、現存する(廻船相手の)船箪笥が、三国や小木と比べると極端に少ないと言われていますが、一方で酒田の商人たちが商売で使っていた「懸硯(かけすずり)」や「帳箪笥(ちょうだんす)」は、船箪笥と全く同じものだったのです。つまり酒田では、商人から注文を受ける「懸硯」や「帳箪笥」の類も、実は(商人相手の)船箪笥であったという訳です。



◆酒田の職人たちの足跡
船箪笥をはじめとする箪笥・指物関係の職人たちにとっては、発注元の商人たちの存在はとても大きいといえます。特に、廻船問屋「鐙屋(あぶみや)」を代表する旧来の三十六人衆に加えて、江戸中期・新興の豪商である本間家の台頭は、地域の政治・経済そして文化の面で主導的な役割を果たしていました。そうした環境が、職人たちを支え、職人たちを競わせ、ついには職人の高度な技術力を育むことになったことは間違いないと言えます。

この本の真骨頂は、職人たちの足跡を詳細に記録している点です。特に、箪笥(箱屋)職人、指物師、金具職人、塗り師たちがどこの町に住んでいたか、さらには職人名とその系譜について詳細に記録されています。たとえば、わたしが生れた「鷹町(たかまち)」と隣の「天正寺町(てんしょうじまち)」、そして「檜物町(ひものまち)」には箪笥職人の名人、それを囲む指物師たち、そして「十王堂町(じゅうおうどうまち)」には金具職人の名人が住んでいたことが分かります。

「鷹町」:斎藤右惣右衛門(箱屋) 
「天正寺町」:斎藤津右衛門(箪笥屋)
「檜物町」:斎藤茂兵衛(箪笥屋) 
「十王堂町」:白崎孫八、佐々木清一(金具師)

現存する酒田の船箪笥は、今や骨董品として人々に触れられない所にそれぞれが散在しているようです。かつての職人たちの足跡も、人々の記憶から忘れさられようとしています。この本が遺した記録を基に、なんとか地元酒田に公的な博物館として「酒田の船箪笥」を遺して欲しいと願うのは、きっとわたしだけではないと思うのです。(了)

※小泉和子著『船箪笥の研究』思文閣出版(2016年)
小泉和子氏は、古くは酒田市歴史編纂室篇『酒田市史』の中で「酒田の家具の歴史」の執筆を担当。酒田市とは所縁のある学者さんです。
関連記事
スポンサーサイト