FC2ブログ

「耳鍼で瞑想(マインドフルネス)」始めます!



わたしがNADA JAPANのメンバーとして川崎ダルクさんで行っているのが耳鍼治療「NADA-5NP」ですが、下の動画「NADA災害時の耳鍼治療」を観ていただくと、実際のイメージが湧くと思います。
米国で薬物依存症治療のために生まれた「NADA-5NP」は、9.11を契機にトラウマやストレスに対する治療として活用の場が広がっています。

「NADA-5NP」は薬物依存症治療であれ、トラウマやストレスに対する治療であれ、同じ治療スタイルをとります。
椅子に坐った状態で、集団で、非言語(問診しない)で、耳鍼をしたまま約30分間音楽を聴きながら瞑想(マインドフルネス)―というのがこの治療のスタイルです。動画にもあるように「落ち着きを取り戻す」「よく眠れるようになる」などの効果があります。

非常事態宣言下でコロナ・ストレスを抱える今だからこそ、耳鍼治療「NADA-5NP」が活用できると考えます。もちろんソーシャルディスタンスの確保や三密を避けるという対策は取ります。

今後は、コロナ・ストレス対策にかぎらず「耳鍼で瞑想(マインドフルネス)」という治療メソッドを広く勧めていきたいと計画しています。就きましては、5~10人のグループもしくは2~5人の家族単位での出張による耳鍼治療を受け付けてまいります。
耳鍼の新たな可能性としての「耳鍼で瞑想(マインドフルネス)」について、ご興味頂けましたら、ぜひご相談ください。

※参考動画:
NADA災害時の耳鍼治療
関連記事
スポンサーサイト