FC2ブログ

第202話:中嶋泉『アンチ・アクション(日本戦後絵画と女性画家)』



2020年のサントリー学芸賞(芸術文学部門)を受賞した中嶋泉さん(大阪大学大学院准教授)の『アンチ・アクション(日本戦後絵画と女性画家)』を読んでみました。

この本は、戦後美術史のジェンダー的問題を探り、草間彌生(1929~)、田中敦子(1932~2005)、福島秀子(1927~1997)という三人の女性美術家の創作活動を見直し、戦後文化のもとで女性がくぐり抜けた政治状況を確認し、その挑戦としての彼女たちの作品の再解釈を試みています。

ジェンダーの視点から覗いた、60年代あたりの日本の現代美術界の実情には驚きました。画壇には旧態依然たる男性中心のヒエラルキーが確立して、女性美術家には「女性らしさ」が求められ、活躍の場すらも排除するという有様だったとか。当時の著名な美術評論家ですら「芸術家と女性とが自分の中で結びつかない」などと(まるで今の森喜朗のような?)因襲的な女性観の言説が普通にみられたというのです。

そんな男性中心主義の画壇において、田中敦子(具体美術協会)と福島秀子(実験工房)の二人は、「男性的」と見なされる方法とは違う形で主体的に芸術活動に取り組み実績を残しています。一方の草間彌生といえば、早々に日本画壇とは決別し57年に渡米。ニューヨークデビューを契機に、抽象表現主義の第二世代作家の一人として確固たる地位を築いたと言われています。

これら3人の女性美術家の、再評価されるべき共通した創作活動上の業績とは、60年代に席巻した絵画思想「アクションペインティング」に対しての、オルタナティブを示そうとしたことにあると著者は指摘します。ここで「アクション」が意味するのは、即興的な筆使い、大振りな体の動き、絵具の飛沫が象徴するなど、男性性の激しさにありました。表題の「アンチ・アクション」とは、彼女たちがそうした男性性に対抗してみせた(性別や民族を超えたところの)差別化の芸術意識を、当に象徴的に表しているのです。

現在最も著名な日本の美術家である草間彌生に留まらず、今や故人となった田中敦子と福島秀子という同時代に生きた最も革新的な二人を加え、さらに戦後美術史のジェンダー的視点で、彼女たちの「アンチ・アクション」と表する創作活動を見直し、現代の俎上に上げてみせたところが、この本の魅力であり最も革新的なところだと実感できました。

※中嶋泉『アンチ・アクション(日本戦後絵画と女性画家)』株式会社ブリュッケ(2019年)
関連記事
スポンサーサイト