FC2ブログ

第203話:「悲観」に照応する人々



◆主訴「息苦しい」
夕方になると息苦しいと訴えるAさん(男性働き盛りの40代後半)が来院しました。病院で診てもらうと「喘息ではなく精神的なもの」と言われ、今ひとつ納得できないでいるところに、以前治療したことのある当院をふと思い出したとのこと。聴けば昨年の新型コロナ感染以来、ほとんどがテレワーク。家族と過ごす時間が増えて嬉しいはずが、次第に社会との関わり方に迷いを生じてきたと。そんなある日、ふと「家族を残して突然コロナで死ぬかもしれない」という不安が急にこみあげてきたとか。しかも主訴の「息苦しい」は、そのことが契機だったと、問診を通してはじめて気づかれたようです。

◆ネガティブな「感情」に照応
気持ちの在り様を診て気になったのが「悲観」という反応でした。「悲しみ」は受動的で「悲観」は能動的と(わたしは)みています。コロナ禍で先行きがみえない不安の中で「死ぬかもしれない」という「悲観」の感情が自発的に沸いたということ。それが自律神経を乱し、横隔膜の動きを止めて「息苦しさ」という症状を引き起こしたのでしょう。特にAさんは「敏感な人(HSP=Highly Sensitive Person)」のようです。HSPは人の「感情」を取り込んで生きづらさを感ずる―とよく採り上げられますが、Aさんの場合は、人の「感情」というよりは、世の中に漂うネガティブな「感情」を取り込んで病気や症状を呈したということでしょう。HSPには時代の空気に漂うネガティブな「感情」に対しても照応しやすいと捉えています。

◆改善に向かうための大事なこと
Aさんは、鍼灸治療を重ねることで呼吸が深くなって行き、夕方訪れる「息苦しい」という主訴は確実に改善へと向かいました。ただ、ここで大事なことは症状が改善したということではなくて、ナラティブ(narrative)と呼ばれる「病に至る物語性」に気づくことです。Aさんのケースであれば、「死ぬかもしれない」という「悲観」の感情を取り込んだことが「病に至る物語性」の始まりであり、そして敏感すぎる感受性がそれに照応して症状に至ったというのが「物語」のあらましです。Aさんのように、自身が一連のナラティブを認識して、尚且つ医療者(治療者)とそれを共有することが、症状の改善を導くというものです。

◆コロナ禍で
最近、子供にうつ病が増えていると精神科医の先生が警告しています。罹患しやすいと考えられるのは、こうした敏感な子どもたち(HSC=Highly Sensitive Children)ではないでしょうか。
総じてHSP/HSCの人たちは、時代のネガティブな感情を拾い、心身共に苦しみやすいと言えます。そうしたケースは、患者さんにとって、ナラティブを分析共有できる医療者(心理カウンセラーなど)との繋がりがとても大切になります。そして手前味噌にはなりますが、東洋医学の鍼灸治療においても、体の声を聴くことができる治療家であれば、その任を十分果たせると思っております。
関連記事
スポンサーサイト