FC2ブログ

第69話:朝鮮が近かった時代



◆「環日本海諸国図」からみえるもの
上の写真は以前、神奈川大学の市民講座で網野善彦が紹介して話題になった「環日本海諸国図」です。これは富山県が作成したものですが、見慣れた地図を逆さにするだけで、東アジアの印象を大きくかえます。海と思っていた日本海は実は大きな湖のようなものであり、それを挟みこむ日本列島と中国大陸と朝鮮半島が、こんなにも近接していることに気づかされます。日本海の大きさはメキシコ湾やハドソン湾とそうは変わらないとか。福岡から釜山までは直線距離で約200キロ。それは福岡から鹿児島までの距離に等しく、高速フェリーを使えば同じ所要時間で韓国に日帰りで焼き肉を食べにいけるそうです。かつての大和朝廷が北九州に防人(さきもり)を配備したわけが、これでなるほどと頷けます。

古代の人々にとっても、海路をつかえば海流や海風によって相当早く運んでくれることを既に知っていました。大陸や半島は決して遠い世界でもなく、実際6世紀の「飛鳥時代」には大陸は隋から唐の時代、半島は高句麗・新羅・百済の三韓時代でしたが、遣隋使・遣唐使の派遣はもちろんのこと、特に朝鮮半島と日本における人の交流はわたしたちが想像する以上に盛んに行われていました。

◆仏教と医学が伝来した「飛鳥時代」
その「飛鳥時代」に目をおとしてみます。仏教が日本に伝わり、聖徳太子が「十七条の憲法」を制定し、大運河をつくり始めた隋の国と国交が開かれた頃の日本は、大臣(おおおみ)の蘇我氏、大連(おおむらじ)の物部氏に代表される氏族たちが醜く争った時代でした。朝鮮から渡ってきた人々の家が七千軒もあり、朝鮮の言葉が町に流れ、この人達(渡来人)の持って来た学問や技術が朝廷で重要な役を占め、氏族の争いに巻き込まれていくのです。

欽明天皇の時代に仏教が百済から公式に伝来します。「朝鮮経由で伝来」というより「朝鮮百済から伝来した」という点が重要です。当時の百済は高句麗・新羅の両国と緊張状態にあり、攻められるたびに都を変えていました。大和朝廷はそうした百済の窮乏を支える友好国の立場であり、後に百済を守るために唐・新羅連合軍との「白村江の戦い」に水軍を派遣して打って出るのです。百済は日本に救済を求める代わりに、中国伝来の仏教を、仏像(釈迦太子像)と経典を以て差し出したのです。欽明天皇は即座に仏教を受け入れたわけではなく、釈迦太子像は蘇我稲目が預かります。天皇家が正式に仏教を受け入れたのはそれから約80年後の舒明天皇であり、舒明天皇は百済大寺を建立します。

話を欽明天皇の時代に戻すと、仏教伝来の翌年には、欽明天皇が詔を出して使いを百済に派遣して、医博士・易博士・暦博士を交替で来朝させ、かつ卜書・暦の本や種々の薬物を送らせたと「日本書紀」に記載されています。さらに鍼灸関係についての伝来も、同じく欽明天皇の時代に大友狭手彦(おおとものさてひこ)によって高句麗から中国伝来の「明堂図」と薬書・本方書がもたらせたとあります。このように古代の日本は朝鮮を窓口として大陸からの文化と技術を吸収してきたのです。

◆渡来人との交流による友邦の歴史
「大化の改新」後の「白鳳時代」に入ると百済が滅び、それをきっかけに百済からの多くの亡命者が渡来人として日本に移り住んだと言われています。また、中大兄皇子と共に活躍した中臣鎌足は「藤原姓」を拝領して、息子の藤原不比等の代からは絶大な権力を握ります。その中臣鎌足についての出自が不明なことから、最近の研究では鎌足は百済の王子である豊章(豊璋・余豊とも書かれる)と同一人物であるとする説もあるのです。

日本と朝鮮のこれまでの永い歴史を顧みると、友邦とも脅威とも、また手本とも競争相手とも、硬軟是非を含めて常に意識し続けてきたのがわかります。日本人が地理的にはこんなに近い関係にあることに気付いていないのは、最近の領土問題に象徴されるように、常に排他的な政治的イデオロギーが状況に応じて見え隠れするからでしょうか。かといっても、歴史は互いに共存共栄としての「友邦」から始まっているのは確かなこと。それと渡来人の子孫の系図は脈々と現代にまで続き、日本は決して単一民族として成り立っているなどとは幻想にすぎないということです。

歴史から教わることがあるとすれば、かつて町に朝鮮の言葉が流れ、多くの渡来人との交流と融合によって日本の文化の礎を築いたという「原風景」をいかに想像できるかということかもしれません。


※[飛鳥・白鳳年表]
538年(欽明戌午) 百済より仏教伝来(元興寺縁起説)
552年(欽明十三) 百済より仏教伝来(日本書紀説)
593年(推古元)  厩戸皇子(聖徳太子)による政治
596年(推古四)  飛鳥の法興寺(飛鳥寺)竣工
600年(推古八)  遣隋使派遣(第一次)
622年(推古三十) 聖徳太子亡くなる
623年(推古三一) 新羅より仏像など送り来たる
630年(舒明二)  遣唐使派遣(第一次)
639年(舒明十一) 舒明天皇、百済大寺を建てる
643年(皇極二)  山背大兄王一家滅ぶ
645年(大化元)  蘇我蝦夷・入鹿滅ぶ(大化の改新)
660年(天智二)  百済滅ぶ
663年(天智二)  白村江の戦
669年(天智八)  藤原鎌足亡くなる
670年(天智九)  斑鳩の法隆寺被災
671年(天智十)  壬申の乱
710年(和同三)  平城遷都

※直木孝次郎著『日本の歴史2・古代国家の成立』中央公論新社(1973年)
※田村圓澄著『仏教伝来と古代日本』講談社学術文庫(昭和61年)
※田村圓澄著『古代朝鮮と日本仏教』講談社学術文庫(昭和60年)
※松岡正剛編『NARASIA』丸善(2010年)
関連記事
スポンサーサイト