FC2ブログ

第72話:心と身体を結ぶ「気」

◆ある夫婦の夕食での風景
「あっメールだ」と箸を止め、唸りだした携帯に手を伸ばして着信メールを確認する夫。「食事どきなのにまた仕事なの?しょうもないな」とつぶやく妻。ふと夫をみると、みるみるユーウツそうな顔に変わってゆく。妻は「なんかあったの?」と心配して聞いても「あ~」と答えるだけ。「ごめんごはんもういいや」と夫はユーウツな顔のまま自分の部屋に入っていく。しばらくして部屋からでてくると、夫はいつものように太田胃酸を服用していた。

こんなふうに、メール1本によって人は病気にもなってしまいます。もちろんメールに細菌やウイルスが付着して病気を運んできたわけではありません。メールの内容が「こころ」を不穏な状態にし、そのことが「身体」に影響を及ぼし、ナイーブな部位である「胃」をキリキリさせたということです。

◆「こころ」と「身体」
「こころ」と「身体」の間には非常に深いつながりがあります。それを問題にするのが「心身医学(psychosomatic medicine)」の立場。「こころ」の状態がおもわしくないと「身体」にいろいろな影響が及び、反対に「身体」の状態がおもわしくないと「こころ」の方にもいろいろ影響がある―という関係です。「こころ」と「身体」は実際どういうふうにつながっているかということは、現代の西洋医学、心身医学でもまだはっきり分からないのです。

ところが東洋医学からみると、それは自明のものと扱います。つまり「気」というエネルギーというものが「こころ」と「身体」の世界を結び付けていると考えます。
    「こころ」⇔「気」⇔「身体」
「気」は「こころ」と「身体」を仲介するエネルギーとみれば、「こころ」のエネルギーを「身体」のエネルギーにかえたり、「身体」のエネルギーを「こころ」のエネルギーにかえたりする力があります。ですから、精神的なことが原因で身体のどこかに異常が起きることもあれば、逆に、身体の調子を落としたことが原因で精神的にまいってしまい、こころの病気になったりもするのです。

◆「気」を調えることの意味と「鍼灸治療」
鍼灸治療やヨーガのような体操は、この「気」のエネルギーを調える治療法なわけです。「気」を調えて平穏な状態に保つことで、「こころ」の平穏と「身体」の平穏が担保されます。このことは鍼灸治療が「気の医学」と呼ばれる所以であり、養生法や予防医学としての「プライマリーケア」に通ずるところなのです。

たとえば、いったんウイルスや細菌が入ってきて病気になれば、西洋薬の方がはるかに効きます。ところが、ウイルスや細菌が入ってきても、病気の起きる人と起きない人がいます。結核菌が入ったからといっても、だれもが結核になるとは限らない。ならない人はどうしてならないのか、なる人はどうしてなるのかといえば、それはやはり、日頃の「気」の状態のバランスがうまくとれていて、心身の健康な人では病気になりにくいわけです。

鍼灸治療は、身体に「経絡」という気の流れる通路を対象に、鍼や灸を使うことで気の流れを調えようとする医療です。その眼差しの先には、絶えず「身体」のありようだけではなく「こころ」のありようにまで及んでいるのです。
関連記事
スポンサーサイト