FC2ブログ

第73話:伝統的な「透熱灸」について

◆昔ながらの「透熱灸」
最近若い女性に「お灸のブームが到来」と新聞で報道していました。使っているお灸は「せんねん灸」という市販されているいわゆる「簡便灸」で、アロマの香りを施したおしゃれな商品もあるとか。ブームの仕掛人がお灸メーカーとはいえ、こうしてお灸がいくらかでも注目されることは結構なことです。

お灸には様々な種類がありますが、わたしが治療に使っているお灸は、艾(もぐさ)を指で小さくひねって据える昔ながらの「透熱灸(とうねつきゅう)」というものです。かつては民間療法として一般家庭でも普通に使われていましたが、「簡便灸」の普及により、次第に家庭で使われなくなり、街の薬局には必ず置いてあった艾(もぐさ)もいつのまにか消えてしまいました。今や治療院だけで施術するのみとなってしまったこの伝統的な「透熱灸」は、実は「せんねん灸」などの「簡便灸」では味わえない独特の世界をもち、身体に元気を与える効果があるのです。そんな「透熱灸」の魅力をここで紹介してみます。

s_P1000736 (1)

◆道具一式
上の写真はその道具一式です。昔ながらの方法と少し違う点は、火傷しないように「灸点紙」という丸いシールをツボに貼って据えることです。艾(もぐさ)は蓬(ヨモギ)の葉から作ったもの。滋賀県伊吹山のものが昔から有名で、黄金色に近いものほど良質(高級品)で香りもよく、柔らかくてひねりやすくなります。艾(もぐさ)に火をつけるには、紫色の線香を使います。これはタブノキから作ったもので、仏壇用の線香よりも安価ですが香りが穏やかなのが特長です。そしてワセリン軟膏は何に使うかといえば、シールの上に艾(もぐさ)が立つようにシールの表面に少しだけ塗るためのものです。こうしてみるとほとんどが自然のもので治療していることがわかります。「お灸」は身体にやさしいまさにオーガニックな伝統医療なのです。

◆「透熱灸」の特長
指でひねった艾(もぐさ)を艾炷(がいしゅ)と呼びますが、その大きさはだいたい米粒の半分ぐらいの紡錘形。それをひとつのツボに約5~7壮据えます。病状(「症」)や体質(「証」)にあわせて必要なツボを決め、ツボ一個一個にていねいに据えてゆくので、結構手間ひまのかかる仕事なのです。

手間ひまがかかるというのは、すべて「透熱灸」だけで治療しようとすれば、複数の患者さんを並行して治療することができないということ。でもそれは患者さんとしっかり向き合ってじっくり治療するという利点にもなります。患者さんとお話をしながら、一壮一壮に気を込めるように据えてゆく営みは、自然と気の交流がはかれる「場」となります。

s_P1000741 (1)

患者さんはジワッーと身体の深部まで熱が届くのが、とても気持ちがよいと云います。ときには腰のツボにお灸を据えているのに、なぜか足先の方に「ジーン」と伝わります。これが「お灸の響き」といって「鍼の響き」と同じように、気の流れが広範囲に通じたことだと私は理解しています。ただ、鍼治療と大きく異なるのが、一壮毎にツボに伝わる「ジワッー」とした熱刺激が、深部にまで波状的に伝わること。こうした繊細な「刺激の加重」は鍼治療では中々だせない「透熱灸」だけがもっている最大の特長だと思っています。

「透熱灸」を含めた「お灸」には「免疫力をあげる」効果があります。お灸をすることで白血球が増え、それが免疫機構にとってよい刺激へとはたらくことはよく言われています。現代中医学では「免疫力をあげる」ことを「身体に元気を補充する」という意味の効能として「扶元気」とか「培元気」という用語を使っています。「お灸」は当にこの効能を実現するに相応しい治療手段であり、絶妙な刺激の加重さにおいて「透熱灸」は最も威力を発揮できるものとみています。

わたしの治療では、基本的には鍼治療を中心にして「透熱灸」を補助的に使っていますが、ときにはすべて「透熱灸」のみで治療することがあります。主に術後で体力を回復したい方、ガンの患者さんで抗がん剤投与など療養中の方、高齢で体力が衰えてきている方などが対象です。患者さんとじっくり向き合い、ひとつひとつのお灸によって元気が回復するように、気を込めながら据えるようにしています。
関連記事
スポンサーサイト