スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第87話:桜のワンシーン



春の嵐とともに、桜前線はようやく関東からふるさと東北へと歩みを進めたようです。
さて、「桜狂い」と呼ばれた西行さんには、吉野山の桜を詠んだ歌が60首もあるとか。
わたしのお気に入りは次の2首。

「ねがわくは花のしたにて春死なむ そのきさらぎの望月の頃」
「散る花を惜しむ心やとどまりて また来ん春のたねになるべき」

満開の中で死ねたらいいねという気持ちと、来年の桜に再生を託そうとする気持ちは
どちらもありだよね、と思うのが「桜」のもつ魅力でしょうか。

桜が咲くといつも思い出すのが、Aさんから伺ったちょっといい話。

Aさんの御主人が亡くなったのが6年前のこと。葬儀は3月の末で、ちょうど桜が満開の日でした。霊柩車が桐ケ谷斎場に向かうときに、運転手の方が時間を調整しようと、気をきかして少し迂回したらしいのです。その行き先がかむろ坂の桜並木。車はそこで満開の桜の中をゆっくりと動いていったそうです。それがまるで映画のワンシーンかのように、桜並木の中をスローモーションで移動する車を俯瞰して撮った映像がふと浮かんできて、おもわず胸がつまったとのこと。Aさんは今でもあの「桜のワンシーン」は忘れないといいます。

それはきっと、御主人が遺してくれた、満開の桜で染めた「最後の想い出」ということでしょう。しかもその「桜のワンシーン」は、家族の心象風景として、毎年桜の季節になれば、桜の満開と共にAさんの下にちゃんと忘れずに届けてくれるということです。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。