スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第92話:アイスマンと鍼灸(1/3)

~ドルファー博士の発見~



◆アイスマンとは
91年9月にオーストリアとイタリアの国境近くの山、エッツタール・アルプスの標高3000m付近で、登山客によって偶然に氷漬けの遺体を発見。考古学者の詳しい調査によれば、それはなんと5300年前の人間(男性)であることが判明し、一躍「世紀の発見」となり「アイスマン」と名付けられました。アイスマンは世界最古の冷凍ミイラ。脳や内臓などもそのまま残っていることから、人類の歴史を塗り替えるほどの情報を抱えた、いわば「考古学の至宝」といえるものでした。

◆完全解凍
発見から約20年「南チロル考古学博物館」にて冷凍保存されてきたアイスマンを、ついに完全解凍し、あらゆる分野の科学者たちが集結して、身体からサンプルを取り出して分析が試みられたのです。3月にTV放映されたNHKスペシャル「完全解凍!アイスマン」はその全容を紹介しています。その結果、アイスマンは弓矢と殴打によって殺されたことが、まるで現代の科学捜査官による鑑識のように正確に推理されます。さらに、胃の内容物からは、想像以上においしい食事をとっていたこと。X線の所見では、腰椎すべり症を抱えていて、どうも治療らしきものを施していたことなど、4大文明が発祥しはじめた5300年前の先史時代には想像つかないような、古代史の常識を覆すような事実が次々と出てきたのです。

◆タトゥーと鍼灸の一致
もっとも興味深いのが、腰椎すべり症の治療を施していたということ。これを解明した人物が、オーストリアの医学博士で鍼灸を研究しているレオポルト・ドルファー医師。アイスマンの手足と腰部に、不思議な模様をしたタトゥー(刺青)が15か所あり、それらの位置を調べたドルファー博士は、鍼灸治療のツボの位置とほぼ全てが重なっていることに気づいたのです。腰椎すべり症によって左の腰部から足にわたって坐骨神経痛に悩んでいたアイスマンは、ツボと符合する箇所に、まるで鍼灸を施すようにタトゥーを施したと推理したのです。こうしたアイスマンと鍼灸との関連は、すでにScience誌(98年)や全日本鍼灸学会雑誌(99年)に掲載されていますが、今回TV映像として初めて目の当たりした衝撃は大きなものでした。



◆ドルファー博士の功績
TVで放映されたドルファー博士の鍼灸治療をみると、うれしいことに鍼管を使った和鍼(日本の鍼)を使っています。オーストリアの鍼灸治療がどのくらい普及しているかは不明ですが、ドルファー博士はたぶん日本の鍼を学んだ方だと想像できます。それはともかく、今回衝撃的だったのは、鍼灸治療の原型が中国2000年よりも古い5300年前のヨーロッパにすでにあったという事実です。古代史の常識を覆すほどの今回の発見は、とりもなおさず鍼灸治療に詳しいドルファー博士が研究スタッフの一員にいたからこそともいえます。
「最初にこのタトゥーを見たときは驚きのあまり倒れそうになった」と話すドルファー博士の言葉通り、アイスマンが遺してくれた情報からは、これまでの医療の歴史を見直すに十分な資料を提供していることには間違いないようです。

次回は鍼灸師からみた考察を報告します。(つづく)

※Science誌(1998年10月9日発行, 282巻, 242頁)
※全日本鍼灸学会雑誌第49巻1号(1999年)27頁
※NHKスペシャル「完全解凍!アイスマン」(平成25年3月24日放送)
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。